当サイトでは、スワップポイントの大きさをFX口座ごとに比較しています。すると、トルコリラ/円(TRY/JPY)や豪ドル/円(AUD/JPY)など、主要な高金利通貨ペアはヒロセ通商(LION FX)が最も有利だと分かります。

→ スワップポイントの大きさでFX口座を比較

そこで、ヒロセ通商(LION FX)で口座開設すると決めたとしましょう。ここでは、口座開設の方法を具体的に確認します。

 

ヒロセ通商(LION FX)の口座開設方法

ヒロセ通商(LION FX)での口座開設の流れは以下の通りです(ヒロセ通商ホームページから引用。以下同じ)。STEP1が最も重要と予想できますので、STEP1を中心に確認しましょう。

lionfx-0

 

どこから口座開設をしても構わないのですが、下のバナーからも口座開設画面に進むことができます。

ヒロセ通商(LION FX)の口座開設はこちらから

 

すると、下の画面が出てきます。これは、ここから先がヒロセ通商(LION FX)のホームページであって、今まで見ていたサイトはヒロセ通商(LION FX)の責任で作ったものではありませんよ、というお知らせです。

お金が絡んでくる話ですから、こうしてお知らせを挟むのは仕方がないことかなと思います。では、赤色の「公式サイトへ進む」をクリックしましょう。

lionfx-1

 

クリックした後、下の方にスクロールすると、下のバナーが出てきます。ここから口座を開設します。クリックしましょう。

lionfx-2

 

下のキャプチャが口座開設申込画面です。画面右側に、「残り40項目」とあります。すなわち、入力すべき項目は全部で40あると分かります。40はとても多い数字に見えますが、意外に簡単に入力できます。大丈夫です。

lionfx-3

 

色々な質問が出てきてYES、NOで答えますが、要するに「FXの仕組みを知っていますか?」と尋ねています。質問を確認したら、どんどんチェックしましょう。

質問の中に、下の「米国への納税義務に関する確認」があります。これは、米国に納税義務がある人にだけ関係がある項目です。このサイトをご覧いただいている方はほとんど関係ないと思います。「いいえ」を選択して次に進みましょう。

lionfx-4

 

さて、住所等を入力して下にスクロールしますと、下の絵のように資産状況を入力する欄が出てきます。ここも入力しましょう。注意すべきは、「保有金融資産」と「当初投下予定資金」です。

保有金融資産が、当初投下予定資金よりも大きくなるようにしましょう。でないと、おかしなことになります。

例:
保有金融資産: 50万円以上250万円未満
当初投下予定資金: 500万円未満

上のような選択はおかしいです。この間違いで口座開設が却下されるかどうか不明ですが、正確に入力すべきでしょう。

lionfx-5

 

なお、当初投下予定資金の選択肢は下の画像の通りです。10万円未満という選択肢があります。ヒロセ通商(LION FX)は1,000通貨から取引可能とはいえ、当初投下資金が10万円未満を選択するのはどうかな・・・と思います。

当サイト管理人(ゆったり為替)がヒロセ通商(LION FX)の審査担当なら、当初投下資金が10万円未満の人に口座を作ってもらいたくないなあと思います。というのは、口座管理コストの方が大きくなるかもしれないからです。

そこで、「50万円未満」あるいは「100万円未満」あるいはそれ以上を選択できるようにしたいです。

lionfx-6

 

次に、投資経験を書きます。誰でも最初は初心者ですので、全然経験がなくてもOK!でしょう(たぶん)。投資経験がないと口座開設不可だったら、どの会社の口座も作れないということになりかねません。

lionfx-7

 

そして、投資目的を下の選択肢から選びます。一番下の選択肢「リスクを一切考慮せずに取引したい」はダメです!選択してはいけないという意味ではなく、リスクを考慮しないで取引したら危険すぎます。リスクはバッチリと考慮してください。

リスクを考慮して取引しますので、一番下の選択肢はボツです。

lionfx-8

 

最後に、本人確認書類(運転免許証の写しなど)を送付する方法を選びます。郵送等もありますが、画像を添付して送るのが圧倒的に楽ですし、しかも速いです。

デジカメ等で本人確認書類を写して、データを添付して送信しましょう!

lionfx-9

さて、これで申し込み完了です。文字にすると長くなってしまいますが、10分もあれば入力可能です。項目を確認しながら、ゆっくりと口座開設手続きを進めましょう。

ヒロセ通商(LION FX)の口座開設はこちらから