SBI FXトレードは高スワップな上に、1通貨から取引可能です。すなわち、複利運用がしやすいです。

複利運用とは、FXで獲得した資金を使ってさらにポジションを建てることをいいます。追加で作ったポジションからもスワップポイントがもらえますので、日々のスワップポイントが次第に大きくなると期待できます。

最低通貨が1,000通貨の場合、1,000通貨を買えるだけのスワップポイントの蓄積を待たなければなりません。しかし、SBI FXトレードは1通貨から取引可能ですから、複利運用に要する日数が大幅に短くなります。

というわけで、SBI FXトレードで口座開設しようと決めたとします。口座開設のポイントを確認しましょう。

 

SBI FXトレードの口座開設方法

SBI FXトレードの口座開設手順は下のキャプチャの通りです(SBI FXトレードから引用。以下同じ)。この中で最も重要なのはSTEP1でしょう。そこで、STEP1を中心に確認します。

sbi-account-1

 

どこから口座開設申し込みしてもOKですが、下のバナーから申し込むこともできます。下のバナーをクリックしましょう。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

すると、下の画面が出てきます。ここからがSBI FXトレードのホームページです。今までのページはSBI FXトレードが作ったものではないよ!というお知らせです。青部分にある「公式ページ」をクリックして先に進みます。

sbi-account-2

 

すると、SBI FXトレードのホームページに移動し、下のバナーが出てきます。このバナーをクリックしましょう。

sbi-account-3

 

口座開設申し込み画面に移動しましたら、FXの知識を持っていますか?という確認や、申込する人の住所登録などをします。重要な部分を抜粋で確認しましょう。

下の質問は、申し込みたいサービスの選択画面です。FX口座を申し込むので「FX取引口座」でOKですが、定期取引口座を使うかも?という場合は、同時に作ってしまいましょう。定期取引口座とは、レバレッジを低く抑えて定期的に自動で外貨を買うための口座です。

sbi-account-4

 

FX口座を作る際、どこでも聞かれるのが「FATCA」に関する内容です。これは米国籍または米国居住者限定の項目です。多くの方は「いいえ」の選択でOKです。

sbi-account-5

 

次に、海外で公的に偉い地位にありますか?という質問です。これも、多くの場合関係のない話です。内容を念のため確認しつつ、「いいえ」で先に進みましょう。

sbi-account-6

 

自分のお金を使ってFXをしますよね?という質問もあります。これは「はい」です。家族のお金であってもNGです。自分のお金でFXをしましょう。

sbi-account-7

 

さて、自分の年収や自己資産額などを申告する部分です。投資経験は全くなくても構わないと思います。正直に入力しましょう。SBI FXトレードは1通貨から取引可能ですし、低レバレッジの定期取引口座サービスを提供しています。すなわち、初心者歓迎だと予想できます。

sbi-account-8

 

なお、年収と自己資産の額はプルダウンの選択肢から選びます。下のキャプチャの通り選択肢があります。専業主婦の場合、年収は10万円未満かもしれません。

年収と異なり、自己資産が10万円未満だったら、FXの前にもう少し貯金したほうが良いかもしれません。当サイト管理人(ゆったり為替)がSBI FXトレードの担当者だったら、自己資産10万円未満の申込者の口座開設を認めるかどうか、考えてしまいます。

10万円未満ではあまりFX取引ができないでしょうから、口座維持コストが気になるかもしれないためです。自己資金は少しでも多いほうが良いでしょう。

sbi-account-9

 

ここまでくれば、もう一息です。身分証明書の写しをインターネット経由で送信しましょう。後は、口座開設にかかる書類が届くのを待つのみです。

なお、身分証明書の送付については、インターネット経由が圧倒的に楽です。FX口座は1つでなく、2つ3つと作ることがあるでしょう。そのたびに郵送するのは、時間もお金もかかります。インターネットの利便性を大いに活用しましょう。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから