FXの無登録業者とは何でしょうか?

日本の居住者向けにFXサービスを展開するには、金融庁に登録しなければなりません。この登録をしていないFX業者を無登録業者といいます。

登録済みのFX業者の場合、各社ホームページの下のほうに、小さな文字で登録番号が書いてあります。たとえば、「関東財務局長(金商)第・・・号」といった具合です。

この登録をするには、金融庁の検査を経なければなりません。このため、少なくとも無登録業者よりは安全度が高いと分かります。また、トラブルが発生した時には(内容にもよりますが)金融庁の助けを求めることができるかもしれません。

一方、無登録業者と取引をしてトラブルになってしまう場合、以下のリスクがあります。

無登録業者と取引するリスク:
・日本の法律を守ろうとしない業者ですから、お金を返してくれない可能性がある
・そもそも、業者の所在地がどこなのかが分からない可能性がある
・所在地が海外の場合、日本の管轄権が及ばないためどうしようもない

金融庁などの機関は、無登録業者と取引しないように各種の案内を出しています。
→ 無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください(金融庁)
→ 海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意ください!(国民生活センター)

国民生活センターの上の資料によりますと、バイナリーオプションではありますが、相談件数が急増していることが分かります。海外業者とトラブルになっても、お金は返ってこないと考えるべきでしょう。

120857

では、顧客が、このようにトラブルが増えている海外業者と取引してしまう理由は何でしょうか。予想してみます。

1. 海外業者のほうが、取引のルールが魅力的である。
(例:最大レバレッジが100倍以上、クレジットカードで入金できる、など。)
2. 無登録業者で取引してはいけないというルールを知らない。
3. ホームページやブログで、海外業者を推薦する記事があちこちにある。

この辺りではなかろうか、と思います。

1.は顧客の側ではどうしようもありません。日本には日本の法律があり、外国には外国の法律があります。それぞれの国の法律に基づいて行動するしかありません。

顧客である私たちができるのは、2.を改善することです。「FX業者は金融庁に登録しなければ、日本居住者向けのサービスを展開できない」これを知っておくだけで、トラブル回避につながります。

お金を稼ぐことは大変なことです。毎日働いてようやく得たお金を、トレードでなくて不本意なトラブルで失うのは残念です。ちょっとした知識を持っているかどうかが結果に大きく影響することがありますから、FXに関する重要な規制を把握しておきましょう。

なお、金融庁に登録している会社の一覧を確認したい場合は、下のリンクからご覧ください。
→ 登録業者一覧(金融庁ホームページ)

 

関連記事特集