公開日:2016年5月3日

豪州の中央銀行である豪州準備銀行が、政策金利を0.25%引下げて1.75%としました。これを受けて豪ドル市場が大きく下落しています。そこで、準備銀行のステートメントを概観しましょう。

 

ステートメントの概要

・キャッシュレート(政策金利)を0.25%引下げて1.75%とする。
・世界経済は成長しているが、以前の予測よりは低いペースである。
・いつくかの先進国では経済環境の改善がみられるが、発展途上国は難しい。
・商品価格は安定してきたが、それは過去数年の急落を受けての話である。
・豪州の交易条件は悪いままである。
・金融市場の雰囲気は改善したが、不確実性は続いている。

・豪州では、鉱業投資ブーム後のリバランスが継続している。
・GDP、労働環境は改善。
・2016年も成長は続くと見込まれるが、そのペースは緩やか。
・インフレ率は予想外に低い。
・インフレ予測も低い。

・低い政策金利、低い為替レート、与信拡大が経済成長を支援する。
・しかし、為替レートの上昇は状況を難しくするかもしれない。
・経済の持続的成長のために政策金利を引き下げる。

 

政策金利の推移

豪州準備銀行のステートメントを読む限りですが、悲観一色ではありません。「良い点もあるが不満な点もある」という書きぶりになっています。今後の政策金利の見通しについては不明ですので、今までの推移を確認しましょう。

australia-interest-rate-200101-201605

2008年を境としてトレンドが変わっており、今に至っています。政策金利の推移を見る限り、まだ上昇に転じるような気配はないといえそうです。

しかし、IMFによる豪州政策金利見通し(2015年9月公表)によると、少し状況が違います。2015年から2016年にかけてが政策金利の底で、2017年からは緩やかに上昇すると見込んでいます。(引用元:IMFホームページ

今回の政策金利引下げで、IMFの金利見通しとほぼ一致する状態となりました。

column20151001

今回の政策金利引下げは市場予想と異なっていたためか、発表直後に豪ドルが急落しました。しかし、ステートメントは悲観一色でなく、IMFの予測も悪いというわけでもないように見えます。IMFの予測が当たるかどうか不明ながら、政策金利は2017年から順調に上昇すると見込まれています。

いまだ世界経済の回復は弱いですが、悲観すぎることも楽観すぎることもなく、丹念に経済データを読んで判断したいところです。