実際にスワップポイントを使って複利運用を考える前に、複利運用のパワフルさについて確認しましょう。複利運用は、利益獲得のためにどれくらい強力な武器となってくれるのでしょうか。

 

単利(年率5%)で運用する場合

単利とは、運用利益を再投資しないで、元本だけを運用し続ける投資方法です。獲得した利益は相場の世界から引き揚げて、証券口座や銀行口座などに確保します。債券投資がその例です。

例えば、100万円を投資して毎年の利益が5%だとしましょう。獲得利益は以下の通りです。

1年目:5万円
2年目:5万円
3年目:5万円
10年目:5万円
20年目:5万円
(20年間の合計額:100万円)

何年たっても同じ額が利益になります。これが単利です。20年間にわたる毎年の利益額をグラフにすると、以下の通りです。毎年の利益額が同じなので、グラフは水平になります。

5percent

 

複利(年率5%)で運用する場合

次に、同じ5%でも複利にして考えます。複利ということは、運用で得られた利益を再投資するということです。再投資で得られた利益も再び投資に回します。こうして、利益は雪だるま式に増えていきます。毎年の利益額の様子は以下の通りです。

1年目:50,000円
2年目:52,500円
3年目:55,125円
10年目:77,566円
20年目:126,348円
(20年間の合計額:1,653,298円)

次第に利益額が増えていることが分かります。20年経過すると、利益額が12万円を超えています。合計額は160万円以上です。単利だと100万円でしたから、利益の額が1.6倍以上になりました。

この様子をグラフで確認しましょう。

5percent-compound

 

複利(年率10%)で運用する場合

次は、10%複利で考えます。5%複利の2倍ですから、利益の増え方も2倍になるでしょうか。

1年目:100,000円
2年目:110,000円
3年目:121,000円
10年目:235,795円
20年目:611,591円
(20年間の合計額:5,727,500円)

利益の増え方は2倍ではありません。2倍よりもずっと大きな額です。

20年目の額で比較しますと、5%複利の場合は126,348円ですが、10%複利だと611,591円です。5倍近い差が出ています。20年間の合計額で見ても、単利の場合は100万円、5%複利は160万円以上、10%複利は570万円以上です。

これが複利の力です。グラフで確認しましょう。

10percent-compound

最後に、この3つのグラフを重ねてみましょう。すると、利益の増え方の差が良く分かります。

compound-interest-comparison

5%単利よりも5%複利、5%複利よりも10%複利のほうが利益が大きくなっている様子が良く分かります。このため、単利と複利で運用方法を選べるならば、複利のほうが有利だと分かります。

また、複利運用する場合でも、少しでも利率が高いほうが有利であることが分かります。

複利運用のメリット: 年を追うごとに、利益の獲得速度が大きくなる。

では、単利は完全にダメな方法か?と言われれば、そんなことはありません。最大のメリットはこれでしょう。

単利運用のメリット: 利益を確実に手元に確保できる。

複利運用するということは、利益も投資に回すということです。単利運用するとは、利益を相場の世界から離して、口座内で保有するということです。

すると、相場から離した利益については、相場がどんなに荒れてもマイナスの影響を受けることはありません(同時に、自分にとって好都合な相場でも、それが反映されることはありません)。

よって、利益をどのように使いたいのか、あるいは確保したいのか。これが複利運用するか単利運用するかの判断基準になるでしょう。

 

複利運用のスワップ派
日々の生活とスワップ派
少額から始められる!
複利運用の公開トレード