デイトレードの基本原則は何でしょうか。いろいろあるでしょうが、下の点は原則に入るでしょう。

デイトレードに必須の原則:
損切り注文を出すこと

損切り注文を出さないと、含み損になるときの損失額が大きくなる危険があります。

しかし、スワップ派と併用することで、デイトレードなのに損切り注文を不要にできます。もちろん、スイングトレードでも損切り不要です。

今回は、買いのデイトレードに限定して検討しましょう。売りのデイトレードにつきましては、「スワップ派を使えば、損切りなしでデイトレードが可能【売りトレード編】」でご確認ください。

 

損切り不要のデイトレード with スワップ派

今、ある通貨ペアを買って、損切り予定のないスワップ派をするとしましょう。ここで、その通貨ペアの買い注文について、損切り注文を出さないデイトレードが可能です。

損切り注文不要のデイトレード(買い):
1 ある通貨ペアを買って、スワップ派をしようとしている
2 その通貨ペアの買い限定で、自由に買ってOK。損切り注文を出さない
3 買い注文の数量は、スワップ派で買う予定数量の100分の1にする
4 利食いできたら、何も問題なし。OK。
5 利食いできなかったら、そのポジションをスワップ派として運用する

もともと買おうと思っている通貨ペアに関し、ただ買うのでなく、積極的に利食いを狙おうという内容です。

注意点がありますので、確認しましょう。

注意点:
1回のデイトレード取引数量は、スワップ派で買う予定数量の100分の1にする。

損切り注文を出さないデイトレードですから、結果として利食いできずに含み損を抱えるポジションも出てくるでしょう。それは元々スワップ派で買おうとしていたポジションですから、含み損でも構いません。スワップポイントを得ます。

しかし、利食いできないで保有するポジションが、スワップ派で買う予定数量に達してしまったらどうしましょうか。それ以上デイトレードを続けることができません。

この事態を回避するために、1回のデイトレードで購入可能な数量を、スワップ派の予定数量の1%にします。2%でも良いかもしれません。

為替レートは上下動しますから、含み損になって利食いできないポジションはいつの日か利食いできるでしょう。無茶なトレードをしない限り、100の買いポジションがすべて含み損で利食いできないという状況は想定しづらいです。

 

なお、100のポジションがすべて含み損とならないようにするために、例えば以下のルールを設けても良いでしょう。

ルール例1:特定の為替レートよりも円高になったら買い注文可能
例えば、USD/JPY=110円以下でデイトレOKとします。スワップ派で買う予定のポジションを使ってデイトレードをしますから、あまりに円安の時に買うのは避けましょう。

ルール例2:為替レート1円の範囲に、含み損ポジションを4つ以上作ってはならない
例えば、USD/JPY=105円台で作っても良い含み損ポジションは3つまでとします。3つになったら、104円台になるか、あるいは105円台のポジションが利食いできるまでデイトレしないこととします。

こうすれば、100個全てのポジションがマイナスという事態を避けやすいでしょう。

 

どのFX口座で実行すべき?

このトレードを実行するのに適したFX口座を探すには、かなり条件が厳しくなります。

条件1:スプレッドが狭いこと
デイトレードですから、スプレッドの狭さは必須です。

条件2:スワップポイントが大きいこと
スワップ派をしますから、スワップポイントが大きいことも必須です。

条件3:最低取引数量が小さいこと
最低取引数量が小さいことも必要です。

例えば、スワップ派で買う予定の数量が5万通貨だったとしましょう。このとき、100分の1の数量は500通貨です。よって、100通貨単位で取引できる口座が必要だということになります。

この3つの条件を全て満たすFX口座はかなりレアですが、2つあるでしょう。

 

マネーパートナーズ【FXnano】

マネーパートナーズのFXnano口座は、最低取引数量が100通貨で、スプレッドが業界最小水準、スワップポイントも高水準です。マネーパートナーズには独自機能が数多くありますので、下の関連記事でご確認ください。

SBI FXトレード

SBI FXトレードは、1通貨から取引可能です。スプレッドは業界最小水準、スワップポイントも高水準のため、今回のデイトレードをするのに良好な環境です。SBI FXトレードの特徴につきましては、以下の記事でご確認ください。