FX口座には様々な種類があります。初心者から見ると、どれも同じように見えるかもしれませんが、それぞれの業者がより良いサービスを提供しようと、日々努力しています。

そこで、自分がトレードしたい内容からFX口座を選んでみましょう。それがおすすめのFX口座となります。

 

1通貨や100通貨で取引したい

多くのFX口座では、最低取引数量は1,000通貨または1万通貨です。1,000通貨だと、取引するために最低限必要な証拠金は1万円あれば十分でしょう。

しかし、1万円を投入するのはなかなか難しい場合があるかもしれません。金額的には大丈夫でも、1回のトレードで何千円も失うという精神的ダメージが耐えられないという場合もあるかもしれません。

その場合は、1通貨単位や100通貨単位でトレードできるFX口座がおすすめです。

1通貨からトレードできるFX口座の代表格はSBI FXトレードです。
→ SBI FXトレードの基本スペック
→ SBI FXトレードはスワップ派から見てどれほど強力なのか?

100通貨からトレードできるFX口座の代表格はマネーパートナーズ(FXnano口座)です。
→ マネーパートナーズの基本スペック
→ ポジションを持つだけで、キャッシュバックを得られるFX口座

 

トルコリラ/円(TRY/JPY)で高スワップが欲しい

トルコリラ/円(TRY/JPY)で業界最高水準のスワップポイントを提示するFX口座と言えば、ヒロセ通商(LION FX)です。ヒロセ通商(LION FX)では、トルコリラ/円(TRY/JPY)のスプレッドが4.9銭です。この数字も業界最小水準となっています。

当サイトでは、ヒロセ通商でトルコリラ円を買うというリアルトレードを実施しています。

→ 強制ロスカットにならないスワップ派の超絶(?)テクニック(トルコリラ/円)
→ トルコリラ/円のスワップ派はどのFX口座を選ぶべきか

 

メジャー通貨ペアで高スワップが欲しい

米ドル/円(USD/JPY)や豪ドル/円(AUD/JPY)などのメジャー通貨ペアでは、各社とも努力して高スワップポイントを提示しています。当サイトでは、通貨ペアごとにスワップポイントの大きさを比較しています。

スワップポイントを継続的に得ようとする場合、特定の日付だけでスワップポイントを比較しても、あまり意味はないかもしれません。過去からの時系列での比較が重要です。

当サイトでは、時系列データに基づいた比較をしていますので、ぜひご覧ください。

 

デイトレードの練習をしたい

デイトレードをしたいけれども、いきなり現金を投入するのは怖いかもしれません。しかし、現実の資金の増減がないならば、トレードの練習の効果は半減かもしれません。

この問題を解決する方法があります。「リアルなトレードなのに、負けても自己資金は減らさない」という方法です。

→ 最強のデイトレード練習ツールを探しているなら!

 

当サイト管理人のリアルトレードと同じ成績を得たい

当サイトでは、サイト管理人が自己資金を投入してリアルトレードを実行しています。失敗してしまう場合も、ありのままに公開しています。すると、当サイト管理人と同じようにトレードしたいと感じる場合があるかもしれません。

4つのリアルトレードをしていますので、ぜひご確認ください。

→ スワップ派:リアルトレード手法の検証

 

スイスフランでスワップ派をしたい

日本円とならんで歴史的に政策金利が低い通貨と言えば、スイスフランです。そこで、スイスフランを売るスワップ派トレードがしたいという場合があるでしょう。

スイスフランのスワップ派ならば、セントラル短資FXがとても優秀です。

→ FXスワップ派:スイスフランでスワップポイントを稼ぐメリットは?
→ スワップ派のFX口座:セントラル短資FXのメリット