手元にある外貨をどうしようか

日本に住む人が海外に行くことは珍しいことではなくなりました。同様に、海外からも大勢の観光客などが訪日しています。

東京の街中では、10年前と比較して明らかに外国人の姿が多くなっています。日本から海外に転勤したり、海外旅行に行ったり。円だけでなく外貨の現金を持つ機会も多くなりました。

すると、日本に帰ってきてから外貨の扱いに困ることがあります。外貨の現金を持っている場合・・・

「円に両替しても良いけれど、両替レートが悪すぎて両替する気にならない」
「外貨預金にしようにも、外貨預金は外貨を入金するだけで手数料を取られる」
「また海外に行くかもしれないし、その時まで財布に入れておけばいいや」
「両替えが面倒くさい」

また、海外勤務のときに外貨で給料をもらっていれば、日本で外貨預金を持っているという例もあるでしょう。

「利率はイマイチだけど、円の普通預金よりは高いからいいや」
「外貨を使って何かしたいけれど、どうしてよいのか分からない」

こんな例は少なくないと思います。

お金をそのまま寝かせておくのはもったいないことです。日本とは違い、海外の物価上昇率は高めです。すなわち、何もしないで現金で保管すると、その通貨は価値がどんどん減っていきます。このため、少なくとも、価値が減らないようにしたいです。

しかし、外貨預金の場合も、利率が低すぎて、物価上昇率よりも利率が低い場合が少なくありません。この場合、外貨預金をすると実質的に損をしていることになります。

comparison

外貨を証拠金にしてスワップポイントを稼ぐ

そこで、外貨預金を証拠金にしてスワップ派のトレードをすることを考えてみましょう。

FXは元本が保証された商品ではありませんが、レバレッジを低くして高金利通貨ペアを買うことにより、長期的にみて証拠金の増加を期待することができます。

問題点としては、外貨を証拠金として受け入れてくれるFX業者はあるか?です。外貨の取引サービスを展開するFX業者ではありますが、外貨を証拠金として受け入れてくれる業者は少ないです。理由は不明ですが、管理が大変なのかもしれません。

しかし、少数ではありますが、外貨を証拠金として受け入れてくれるFX業者があります。その代表格はセントラル短資FXとマネーパートナーズです。

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、以下の7種類の外貨を証拠金にすることができます。主要な通貨をしっかり押さえています。

  • us 米ドル(USD)
  • EU ユーロ(EUR)
  • australia 豪ドル(AUD)
  • uk ポンド(GBP)
  • nz ニュージーランドドル(NZD)
  •  カナダドル(CAD)
  • swiss スイスフラン(CHF)
セントラル短資FXの口座開設はこちらから

 

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは、以下の9種類の外貨を証拠金にすることができます。主要な通貨をしっかり押さえています。

  • us 米ドル(USD)
  • EU ユーロ(EUR)
  • australia 豪ドル(AUD)
  • uk ポンド(GBP)
  • nz ニュージーランドドル(NZD)
  •  カナダドル(CAD)
  • swiss スイスフラン(CHF)
  • hongkong 香港ドル(HKD)
  • hongkongシンガポールドル(SGD)
マネーパートナーズの口座開設はこちらから

 

マネーパートナーズを使いこなす【PFX口座、nano口座】
連続予約注文(マネーパートナーズ)