FXのスワップ派と似た金融商品として真っ先に上がるものの一つは、外貨預金でしょう。

FXのスワップ派:
特定の通貨ペアを取引して、その後長期間にわたって持ち続けてスワップポイントを得る。
外貨預金:
特定の外貨を買い、外貨預金金利を得る。

スワップ派と外貨預金は似ているので、その違いを確認しましょう。

 

サービス提供会社の違い

FX: 主に、FX事業を営む会社の商品
外貨預金: 銀行の商品

この違いはとても分かりやすいです。ネットバンクなどがFXサービスを提供することもありますが、概ね上の区分が当てはまります。金融商品と言えば預貯金しか知らないという場合は、FXはかなり敷居が高く感じるかもしれません。

 

サービス提供会社が倒産するとき

FX: 預入証拠金は無制限に全額保証
外貨預金: 1円も保証なし

自分のお金を預けている会社の事業停止などは想定したくありませんが、イザという場合どうなるのかを確認しましょう。FXの場合、FX業者が倒産しても、何億円預けていても全額手元に戻ってきます(もちろん、トレードで損したお金は返ってきません。)

一方、外貨預金の場合は、銀行が破綻すると、1円も返ってこない可能性があります。これは、1円も帰ってこないということではなく、可能性です。全額の返済を求めるのは難しいかもしれません。

なぜこのような差があるのか?それは法律でそう決められているから、ということになります。外貨預金は「預金」という名称があるので、円の普通預金と同じように考えてしまうかもしれません。

しかし、円の普通預金と外貨預金は全く異なる賞品だと考えて差し支えありません。

 

手数料の違い

FX: 極めて少ない手数料
外貨預金: 極めて高い手数料

ここでいう手数料は、円を売って外貨を買うために必要な手数料です。スプレッドで表現します。例えば、豪ドルを買うときのスプレッド(手数料)は、

FX: 1銭前後
外貨預金: 4円程度

FXと外貨預金では単位が違います。手数料の差は400倍前後も違うということになります。

 

得られる利益の違い

FX: 外国と日本の金利差で決まる
外貨預金: 低い金利水準

外貨預金の金利水準は概ね低いです。どれくらい低いかと言えば、その通貨を使っている国の物価上昇率よりも低いです。すなわち、外貨預金をすればするほど、通貨価値が減少していきます。為替変動を考えなければ、損になることが約束された投資と言えましょう。

一方、FXのスワップポイント(=金利のようなもの)は、外国金利と日本の金利の差で決まります。このため、日本が低金利のうちは高いスワップポイントを得られます。

日本の金利が海外よりも高くなれば、スワップポイントはマイナスになります。ただし、オーストラリアとの関係で言えば、日本の政策金利がオーストラリアの政策金利よりも高くなったのは、過去数十年間で1度もありません。

 

海外送金

FX: 一般的にはできない
外貨預金: できる

海外送金したい場合は、FXでなく外貨預金を選択する場合が多いでしょう。しかしこの分野でも、FXを利用して海外送金可能です。

SBI FXトレードを使うと、関連会社であるSBIレミットを利用して海外送金が可能です。

海外送金手数料: 480円~
送金に要する時間: 最低10分

この数字を知ってしまうと、銀行で海外送金する理由を探すことが難しくなります。

 

結論

FXでなくて外貨預金を選択する理由とは、一体なんでしょうか。以下の場合には、外貨預金を選択することになるでしょう。

・ 自分の家にインターネット環境がない
・ インターネットで金融取引をしたくない
・ 対面で取引したい

手数料、金利水準、業者破綻時の対応、海外送金・・・FXが圧勝と言って良いでしょう。

 

なぜスワップ派?
他の投資と比較