スワップ派でより良い利益を獲得するために、FX口座に必要なスペックは以下の通りです。

1. 円を含む通貨ペアが豊富
2. 最低取引数量が小さい(1,000通貨以下)
3. 決済していないポジションのスワップポイントに税金がかからない
4. 決済していないポジションのスワップポイントで、新規にポジションを建てられる
5. スワップポイントが業界最高水準である

さらに、以下の諸点も追加で実行可能ならば、最高です。

6. スイスフランを含む通貨ペアが豊富
7. スイスフランを証拠金にできる

スワップ派という場合、多くは円を含む通貨ペアを対象とすると予想します。このため、上記1.~5.を満たしていれば全てOKという判断で良いかと思います。

なお、スイスフランも円と同様にメインで取引したい場合は、1.~7.全てを考えることになります。しかし、同時に満たすFX口座はないようですので、どこかで妥協が必要です。

この妥協という場合、

・ 1.~5.を全て満たすFX口座を開設する
・ 6.と7.の両方を満たすFX口座を開設する

この二つを作り、それぞれでスワップ派の取引をするということになります。

話を戻しましょう。上記1.~5.を全て満たすFX口座というのは、実はかなりの少数派です。そんな中、FXブロードネットは上記5点の条件をすべて満たす、数少ないFX口座です(下のキャプチャは、FXブロードネットのホームページからの引用です)。

スプレッドはスワップ派にとって最重要とは言えない要素ですが、狭い方が望ましいです。FXブロードネットのスプレッドは、米ドル/円(USD/JPY)で0.3銭を記録しており、とても狭い数字を提示しています。

特徴

 

他の口座とどのように使い分けるか

このサイトでは、スワップ派に適した口座を調べてお知らせしています。その結果、複数のFX口座をご紹介するに至っています。では、それらの口座をどのように使い分ければ良いのでしょうか。

1. 一つの通貨ペアでスワップ派をする場合

一つの通貨ペアでスワップ派の取引をする場合は、FX口座は一つで十分です。自分にとって取引画面が見やすい、企業イメージが良い、特定の機能を気に入っている・・・そのような感じで口座を選択していけばよいかと思います。

FXブロードネットをメイン口座する価値は十分にあります。

2. 複数の通貨ペアでスワップ派をする場合

複数の通貨ペアでスワップ派の取引をする場合は、取引する通貨ペアの数だけFX口座を作ります。そして、「1口座1通貨ペア」とします。

この理由は、トレードの成績を一目瞭然にするためです。

ある口座で2通貨ペアのスワップ派をしていたとしましょう。口座照会画面を見ると、スワップポイントの合計額が分かります。しかし、どの通貨ペアでいくらを稼いだのか、簡単に分かるというわけにはいきません。口座を調べて、状況を把握します。

また、含み損の合計額も簡単に分かりますが、それぞれの通貨ペアでいくらの含み損なのかを把握するのは、マウスをさらに何回かカチカチやって調べる必要があるでしょう。複利運用をしてポジションが増えてくると、この作業も簡単ではなくなります。

すると、適切なポジション管理をするのが大変になってきます。

「現在の自分の状況はどうなっているのか」この把握は、何をするにも大切なことです。このため、一つの口座で取引してよいスワップ派の通貨ペア数は一つ、これを実践しましょう。

FXブロードネットの口座開設はこちらから