2006年~2007年ごろに全盛期を迎えたスワップ派(=スワップポイントで稼ぐ方法)。今もこのトレード方法は健在です。スワップ派をオススメする10の理由はこちらです!

 

理由その1:通貨ペアは倒産しない

株式投資と比較しましょう。順調に業績を伸ばしているように見えて、配当金もいい感じの額を出してくれていたのに・・・最終的に倒産!これはあり得ます。過去の実例を見れば、上場企業の倒産例はいくつもあります。倒産すれば、株価はゼロ円となって全額損失です。

しかし、為替レートは大きく変動することもありますが、通貨ペアは倒産しません。

米ドル円の通貨ペアを考えますと、アメリカや日本がなくなってしまえばドルや円もなくなるのでしょうが、それを想定して日々行動するのは不可能ではないでしょうか。「倒産しない」これは強力な材料です。

 

理由その2:外貨預金よりも断然有利

一般的な外貨預金を考えましょう。金利が比較的高いオーストラリアドル(豪ドル)を買います。どれくらいの売買手数料がかかるのでしょうか。大手銀行を調べたところ、4円でした。4円ということは、こういうことです(1豪ドル=90円のとき)。

円から豪ドルに換金するとき1豪ドル=92円
豪ドルから円に換金するとき1豪ドル=88円

すなわち・・・

1万豪ドルが必要になったから、外貨預金で両替しました。日本円で92万円が必要でした。ところが、やっぱり豪ドルは不要になりました。豪ドルのままでは使い道がないので、円に戻しました。そこでもらえたのは88万円でした。

ちょっと両替しただけで為替レートも変わっていないのに、4万円も損。その損は銀行の利益としてサヨウナラです。

一方、FXで豪ドルを買うと、90.005円くらいで買うことが可能です。外貨預金とは単位が違います。銭よりも下の厘(りん)の単位です。手数料の差は数百倍以上にも及びます。

一般的に、FXのスワップポイントは外貨預金金利よりも高いです。FXのほうが、金利が高くて手数料が安い・・・。こうなると、外貨預金をする理由が分かりません。

 

理由その3:少ない資金から始められる

投資というと、大きなお金が必要なイメージがあります。しかし、FXの場合はそうでもありません。1通貨から取引できる業者もあります。1通貨とはすなわち、1米ドル、1ユーロということです。「ワンコイン投資」に近いです。

ワンコイン投資ではあまりに額が小さいのですが、大きな額が必要ではないということが良く分かります。

 

理由その4:難しいチャート分析は不要

FXの取引のイメージはどんな感じでしょうか。たくさんの画面が机に並んでいて、一瞬の判断で取引すべきか判断してカチッとやる・・・。そういうイメージの方も少なくないと思います。

過去の為替レートの推移を示すチャートには、何やら理解不能な線がたくさんあって、何か難しそう・・・。

そういうことを勉強するのが好きな人は良いのですが、多くの方はそうではないでしょう。FXをする理由はお金を稼ぐためであって、FXのエキスパートになることではありません。また、毎日忙しいのですから、ゴチャゴチャしたチャートと毎日にらめっこしたくないという人も多いでしょう。

そのような方にはスワップ派が適しています。なぜなら、チャート分析があまり必要ないからです。

 

理由その5:FXを長時間研究しなくてもOK

チャートなどで勉強を始めると、あることに気づくでしょう。
「この方法を使えばOK!という完全無欠な方法は存在しない?!」
そこで、どのような時にどのようなトレードをすれば勝てるようになるのか、試行錯誤で研究を始めることになります。

ウェブサイトを閲覧したり・・・
ブログを読んだり・・・
雑誌を読んだり・・・
書籍を買ってみたり・・・

ひどく長い時間と労力がかかるでしょう。まるでFX研究家のようになる必要があるかもしれません。そこまでやった結果、果たして勝てるでしょうか?それなら、スワップ派で毎日スワップポイントが口座に入金するようにしたほうがいいや、と希望する方々は多いと予想します。

 

スワップ派の基礎