FXを始めるためにいろいろなサイトを読むと、レバレッジを高くしないよう気を付けましょうと書いてあります。また、当サイトでは、スワップ派をする場合のレバレッジは最大でも2倍までを推奨しています。

というのは、2倍を超えると強制ロスカットのリスクが無視できなくなるためです。

では、レバレッジの計算方法はどうなっているでしょうか。確認しましょう。

 

レバレッジの計算方法

レバレッジの計算方法は以下の通りです。とても簡単です。

計算方法: 投資額を証拠金額で割ります。

例えば、米ドル/円(USD/JPY)=100円で1万通貨買うとします。このときの投資額は100万円です。計算式は、100円×1万通貨=100万円です。

そして、FX口座に入金した額が10万円だったとしましょう。この時のレバレッジは10倍ということになります。計算式は、100万円(投資額)/ 10万円(証拠金)=10です。

ということは、証拠金の額を大きくすると、レバレッジは次第に小さくなることが分かります。

証拠金が10万円のとき、レバレッジは10倍
証拠金が20万円のとき、レバレッジは5倍
証拠金が50万円のとき、レバレッジは2倍

では、なぜレバレッジが低いほうが安全度が高いのでしょうか。

 

レバレッジが低いほうが安全な理由

上の例で、米ドル/円(USD/JPY)を100円で1万通貨(1万米ドル)買いました。その後、残念ながら米ドル/円=90円になったと仮定しましょう。すなわち、10万円の損です。

(90円ー100円)×1万通貨=10万円の損

このとき、証拠金の額が少ないと、どうなるでしょうか。

証拠金が50万円のとき、残額は40万円
証拠金が20万円のとき、残額は10万円
証拠金が10万円のとき、残額は0円

証拠金が10万円の場合、残額がゼロ円になってしまいました。実際には、残額がマイナスになって借金にならないように、ゼロになる前に強制的に取引が終了となります。これを強制ロスカットといいます。

一方、証拠金が50万円の場合、10万円が減っても残りは40万円です。10万円の損失は痛いでしょうが、まだ余裕があります。長期的に保有してスワップポイントを得ようとするならば、これくらいの評価損は想定内かもしれません。

では、証拠金を100万円にしたらどうでしょうか。レバレッジ1倍です。

このとき、10万円損しても残額は90万円ありますので余裕です。痛くもかゆくもないと書くのは書きすぎでしょうが、破産からはほど遠い安全な位置にいます。

こうしてみると、証拠金は多ければ多いほど安全度が高いということになります。多額の証拠金を事前に準備できない場合は、投資額を小さくすることによってレバレッジを低くしましょう。

 

スワップ派を始める前に