FX各社のスワップポイントを調べてみると、高水準のスワップポイントを売りにしているFX口座が多数あります。しかし、その口座が本当に高いスワップポイントを提供しているかどうかを調べるのは大変です。

この点、ライブスター証券は2012年1月以降のスワップポイントを公開しています。スワップポイントのヒストリカルデータを公開しているという時点で、自信のほどが伺えます。

 

ライブスター証券とくりっく365を比較

そこで、ライブスター証券のスワップポイントと、くりっく365のスワップポイントと比較しました。くりっく365のスワップポイントも、業界最高水準のレベルです。決して低くありません。

下の表は、豪ドル/円(AUD/JPY)について、1万通貨を買って保有したときの年別のスワップポイント合計(円)を比較しています。

livestar-swappoints-2-2012-2015

livestar-swappoints-2012-2015

いかがでしょうか。ライブスター証券のスワップポイントは、とにかく数字が大きいです。

比較可能な2012年以降、年間のスワップポイント合計額でくりっく365を一度も下回ったことがありません。豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイントで比較しますと、平均的に見て、ライブスター証券はくりっく365よりも「毎日」4.9円高い数字です。

繰り返しになりますが、くりっく365も業界最高水準のスワップポイントを提示します。決して低くありません。ライブスター証券のスワップポイントが極めて高い!ということです。

そして、ライブスター証券は、スワップポイントで稼いでいくために必要な機能も備えています。

1. 未決済ポジションのスワップポイントに税金がかかりません。
→ ポジションを決済した年の確定申告で税金を支払います。すなわち、何年も税金支払いを先延ばしすることが可能です。
2. 未決済ポジションのスワップポイントを使って、新規にポジションを建てられます。
→ 税金の支払いを先延ばしした分の資金を使えば、効率的に複利運用ができます。
3. 取引可能通貨ペアが豊富(24種類)

 

ライブスター証券を利用するときの留意事項

ライブスター証券の最低取引数量は10,000通貨です。このため、10,000通貨のみ買ってスワップ派をする場合、複利運用のメリットを得るまでに時間がかかってしまいます。

というのは、追加で10,000通貨を買えるだけのスワップポイントをためるのに、何年もかかってしまうためです。

そこで、ライブスター証券のスワップポイントの大きさを十分に利用しながら複利運用をするには、最初に数万通貨以上のポジションを建てることが望ましいでしょう。可能ならば10万通貨以上でしょうか。

その後は、ひたすら待ちましょう。追加で1万通貨を買えるだけのスワップポイントが溜まれば、1万通貨を買います。新規で購入した1万通貨からも、スワップポイントを毎日獲得することができます。

こうして複利運用をしていけば、1万通貨を追加で買うために必要な期間が短くなっていきます。他社でスワップ派をするよりも有利な複利運用ができると期待できます。

ライブスター証券の口座開設はこちらから