公開日:2016年10月10日

ループイフダンは2016年9月26日にバージョンアップしました。これを受けて、ループイフダンを使ったトレード実践記録も終了しています(詳細は姉妹ブログ「FXゆったりトレード派」でご確認ください)。

取引を開始したのは2015年11月でした。それから1年弱が経過し、この間に円高が進行しました。しかし、成績はプラスで終了しました。

豪ドル/円(AUD/JPY)の買いで勝負していて円高ですから、通常は損失のはずです。しかし、結果はプラスです。為替レートの上下動で利食いを繰り返したため、円高の損失よりも大きな利食い額を得たということです。

ループイフダンの商品性変更に伴って実弾トレードはいったん終了しますが、ループイフダンの有効性を確認できたと思います。

ループイフダンの公開トレード最終成績:
取引開始: 豪ドル/円=87円くらい(2015年11月3日)
最大円安: 豪ドル/円=91円弱(2015年12月4日)
取引終了: 豪ドル/円=77円くらい(2016年9月19日)
最終損益: +70,000円強

 


公開日:2016年6月28日

ん・・・証拠金が足りないという通知が来ました。おかしい・・・。と思って確認したところ、当サイト管理人(ゆったり為替)は間違いをしていました。

・アイネット証券の裁量トレード口座は10,000通貨単位の取引でした!

何十もの口座を見比べているうちに、情報を間違えて覚えてしまったようです(ループイフダンは1,000通貨から取引可能です)。そこで、今回のスワップ派複利運用は中止して損切りしました。読者の皆様にご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。

ループイフダンの取引は継続します。

当初の認識が間違いだったと判明した場合、その認識に基づいて作ったポジションはすべて決済するのが原則です。

というわけで、複利運用ができるようになるまで、ゆっくりと証拠金を蓄積することにします。早く複利運用したい場合は、別のFX口座に資金移動するのも選択肢になるでしょう。

 


公開日:2016年6月27日

ループイフダンで複利運用ができる機会を待っていたところ、イギリス国民投票で大きく円高になりました。そこで、豪ドル/円(AUD/JPY)を1,000通貨買いました。

スワップ派の複利運用ポジション(2016年6月27日現在)
通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
買値: 75.976円
数量: 1,000通貨 →間違い(2016年6月28日の記事参照)
獲得スワップポイント: 0円

複利運用ポジションはスワップポイント獲得を目的としていますので、当座の含み損はOKです。将来いつか含み益になってくれれば問題ありません。

含み損はダメだ!という姿勢ではないので、精神的にとても楽です。

さらに大きく円高になる場合は、ループイフダンで獲得した資金の範囲内で、追加で豪ドル/円(AUD/JPY)の購入を検討します。スワップポイントでどこまで資金を大きくできるでしょうか。

 


 

公開日:2016年5月21日

 


姉妹ブログ『FXゆったりトレード派』では、ループイフダンを使用したリアルトレードを実行中です。順調に証拠金が積み上がっていますので、その証拠金を利用してスワップ派のトレードをします。

このトレード手法は、記事「ループイフダンとスワップポイントで複利運用メリットを生かす」で紹介しました方法です。

最初に、ループイフダンの取引設定を確認しましょう。

  • 通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • 取引数量: 1,000通貨
  • 売買: 買い
  • 値幅: 40銭
  • 最大ポジション数: 87
  • トレード開始日: 2015年11月2日(月)
  • 円安許容値: 豪ドル/円(AUD/JPY)=89円

豪ドル/円(AUD/JPY)が89円を超えて円安になるときには、ループイフダンの取引を終了します。そして、再び円高になったら取引再開です。

このトレードの欠点は、「豪ドル/円(AUD/JPY)が89円を超えて円安になると、トレードできない」ことです。すなわち、利食いがありませんしスワップポイントも得られません。継続的にトレードしようと思うならば、この欠点を改善しなければなりません。

そこで、ループイフダンで得た資金を利用して、スワップ派をします。こうすることで、円安になったときにスワップポイントと含み益を確保します。

スワップ派を実行するには、アイネット証券のシストレ口座からアイネットFX口座(裁量トレード口座)に資金を移してポジションを建てます。ループイフダンとスワップ派で口座を区別しますので、資金管理があやふやになって過大なリスクを取る失敗を回避できます。

また、アイネット証券は業界最高水準のスワップポイントを提示しますので、安心してスワップ派のトレードができます。下のキャプチャはアイネット証券からの引用です。

inet-swap

なお、スワップ派を実行するにあたって、条件を以下の通り設定します。

  • 条件1: ループイフダンで得た資金の一部を使ってスワップ派をする
  • 条件2: レバレッジを2倍以内にする

条件1:
ループイフダンでは、豪ドル/円(AUD/JPY)が強烈な円高になっても、強制ロスカットにならない設定にしています。しかし、トレードで得た証拠金の一部をループイフダンの口座に残しておくことにより、円高に対してさらに強くしようという意味です。

条件2:
スワップ派でトレードする場合、怖いのは円高です。そこで、レバレッジを低く抑えることにより、強制ロスカットのリスクを小さくします。

この記事を公開した時点では、まだスワップ派のトレードを実行していません。スワップ派のトレードを開始しましたら、随時この記事でお知らせします。

アイネット証券の口座開設はこちらから

 

スワップ派とリピート系のコラボ
トライオートFX(インヴァスト証券)
連続予約注文(マネーパートナーズ)
ループイフダン(アイネット証券)
リピート系注文の比較