当サイトでは、SBIFXトレードを使って豪ドル/円(AUD/JPY)を買っています。買った数量は5,000通貨ですので大きな数量ではないですが、それでも2日に1回はスワップポイントを使って豪ドル/円を買うことができます。

SBIFXトレードは1通貨から買えますので、複利運用において強力です。

しかし、実際に1通貨から買う場合、ポジションの数が多くなりすぎて管理が難しくなる可能性があります。そこで、当サイトでは10通貨~100通貨くらいずつ複利運用しようかと考えています。

とはいえ、仮に10通貨ずつ買うとしても、そのうちポジションの数が多くなってしまうでしょう。では、その多くなったポジションをどのように管理すれば良いでしょうか。今回はこれを考えます。

 

数多くのポジションを管理する方法

SBIFXトレードは1通貨からトレードできます。このため、小さな数量で何回も買うと、例えば1通貨×500個のポジションを作ることも可能です。

この1通貨×500個のポジションを自動で500通貨×1個のポジションにまとめられれば良いのですが、それはできません。しかし、便利な管理ツールがあります。

下のキャプチャはSBIFXトレードのトレード画面です。建玉一覧の一部をキャプチャしたものですが、右上に「エクスポート」とあります。ポジションの内容をCSVファイルでエクスポートできます。

sbi-position

エクスポートによって得られる主なデータは以下の通りです。

・通貨ペア
・売買(買いか売りか)
・数量
・約定価格
・損益(pips及び円)
・スワップポイント
・約定日時 など

CSVファイルですから、エクセルと同じようにソートしたり計算したりできます。何百個のポジションがあっても大丈夫というわけです。

ちなみに、上のキャプチャはリアルトレードをしている画面です。このキャプチャを取った時点では複利運用をしていないので、最初に買った5,000通貨だけが掲載されています。

 

取引数量は維持しながら、ポジションの個数を減らしたいとき

上の方法は、何百ものポジションをそのまま管理しようという方法です。それは嫌だなあというとき、複利運用しながらポジションをまとめることができます。

例えば、以下のようにポジションがあったとします。

80.00円×1通貨
79.99円×1通貨
79.97円×1通貨
79.96円×1通貨
79.94円×1通貨

似たようなところに5つもポジションがあります。これを一つにしたいなあ、という場合です。また、ポジションを一つにまとめる際に損しないようにしたいです。この方法は以下の通りです。

1 最初に、5通貨分だけ買えるスワップポイントをためます。
2 次に、79.90円くらいで5通貨を買います。
3 81.00円くらいで、上の1通貨×5ポジションを決済します。

こうすると、5通貨で買ったポジションが残り、上の1通貨×5ポジションが決済されてなくなります。しかも、利食いもできています。

ちなみに、決済した5通貨分の証拠金が浮きますから、再びどこかで5通貨を買うことができます。1通貨×5ポジションだったのが、結果的に5通貨×2ポジションになって気持ちが良いでしょう。

では、5通貨買った後に円高になってしまい、決済できない場合はどうしましょうか。この場合は、そのままポジションを維持します。5通貨分買えるだけのスワップポイントをためてから買いましたので、円高になっても問題ありません。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

下のリンクは、当サイトで実行しているスワップ派トレードについて検証した記事の一覧です。

 

当サイトのリアルトレード総論
トルコリラ円のスワップ派:ヒロセ通商(LION FX)
豪ドル/円のスワップ派:SBIFXトレード
連続予約注文:マネーパートナーズ(公開トレード終了)
ループイフダン:アイネット証券(公開トレード終了)