このサイトでは、マネーパートナーズの連続予約注文を使ってリアルトレードをしています。その目的は、利食い額と獲得したスワップポイントを使った複利運用です。

獲得した資金を使ってスワップ派のポジションを作り、のんびりと複利運用します。

すると、「現在の利食い額とスワップポイント累計額はいくら?」が問題になります。この額が分からないと、複利運用に回せる資金がいくらになるのか分からなくて困ります。

そこで、下の取引画面で確認しましょう。マネーパートナーズからの引用です。キャプチャ画面上に赤枠で囲ったところに資産状況が出ます。しかし、ここに表示されるのは以下の4つです。

・証拠金維持率
・取引余力
・純資産
・差引損益

利食い額が不明ですので、別の方法で確認しましょう。

money-partners-1

ちなみに、上のキャプチャ画面の左下にも赤枠で囲いました。この部分をクリックすると、ポジション状況を示す欄が大きく広がります(下のキャプチャ)。

ポジション数量が多くなったときに便利な機能です。

money-partners-2

 

利食い額等を確認する方法

では、利食い額等の状況を確認しましょう。ログイン後の管理画面から確認できます。下のキャプチャにありますとおり、「資産管理(入出金)」→「資産詳細」へと進みます。

money-partners-3

 

すると、下の画面になります。PFX口座とFXnano口座の資産状況が簡潔に分かります。この欄を見れば、利食い額が分かります。

money-partners-4

今回のリアルトレードで投入した資金は300,000円でした。そして現在の受け入れ証拠金は300,303円です。その差である303円が「利食い額と、決済したポジションで得たスワップポイントの合計」になります。

なお、この画面では、「未決済ポジションで現在進行形で得ているスワップポイントの合計額」が分かりません。これについては、取引画面の建玉一覧で確認することになります。

以上の方法でスワップ派の複利運用ができる資金額を確認し、スワップ派を実行します。マネーパートナーズFXnanoは100通貨から取引可能です。最低取引数量が1,000通貨の場合に比べて10分の1の資金で複利運用が実行できますので、資金を効率的に運用できます。

しかも、マネーパートナーズは高スワップポイントを売りにしていますので、複利運用から得られるスワップポイントにも期待できます。

 

下のリンクは、当サイトで実行しているスワップ派トレードについて検証した記事の一覧です。

当サイトのリアルトレード総論
トルコリラ円のスワップ派:ヒロセ通商(LION FX)
豪ドル/円のスワップ派:SBIFXトレード
連続予約注文:マネーパートナーズ(公開トレード終了)
ループイフダン:アイネット証券(公開トレード終了)