マネーパートナーズには2種類の口座があります。PFX口座とnano(ナノ)口座です。それぞれ極めて特徴的な機能を持っていますから、確認しましょう。

スワップ派のためのマネーパートナーズ3大特長

1. 100通貨から取引可能で、複利運用にピッタリ【nano】

スワップポイントが蓄積した後、それを使ってさらにポジションを作れば、複利運用ができます。ただし、最低取引数量が1万通貨の場合、複利運用するために必要なスワップポイントが多額になります。

しかし、マネーパートナーズのFXnano(ナノ)口座は100通貨から取引できます。複利運用するために必要な証拠金額が格段に少なくなりますから、複利運用がしやすくなります。

2. ポジションを持つだけでキャッシュバックをもらえる【PFX、nano】

FX各社のキャッシュバックキャンペーンは、口座開設時のものが多いです。あるいは、取引数量に応じてキャッシュバックするという例が多いでしょう。

しかし、マネーパートナーズの場合、「ポジションを持つだけで」キャッシュバックを得られます。スワップ派にとってとてもうれしい条件です。しかも、キャッシュバックの下限は1円から。上限はありません。

3. 外貨や株式を証拠金にできる【PFX】

株式を長期保有している場合、得られるのは配当と株主優待でしょう。さらにもう一つ追加することができます。それは、株式を証拠金にしてスワップ派をすることです。こうすれば、スワップポイントも得られます。

株式の時価の70%を証拠金として使用できます。実行する場合、株価は変化しますから、現金と併用して安全度を高めながら運用しましょう。

 

スワップ派に必要なFX口座スペック一覧

スプレッドはスワップ派にとって最重要項目ではありませんが、コストですので小さいほうが望ましいです。マネーパートナーズ【FXnano口座】のスプレッドは他のFX口座と比較しても十分狭いです。

過去実績を見ますと、おおむね早朝時間帯や重要指標発表時も狭いスプレッドを維持します。ただし、相場の急変時などには変更される場合があります。

スプレッド

usjp 米ドル/円 0.3銭
豪ドル/円 0.9銭
eurjpy-flag ユーロ/円 0.7銭
gbpjpy-flag ポンド/円 1.2銭
nzdchf-flag NZドル/円 1.8銭

口座管理手数料、取引手数料

無料

最低取引数量

100通貨

取引ツール

PC、スマホ、携帯電話

未決済ポジションのスワップ

課税: なし
再投資: 可
出金: 可

スワップポイント受け渡し時刻

標準時間(11月上旬~翌年3月上旬):午前7時
夏時間(3月上旬~11月上旬): 午前6時

 

不明点があるときの照会方法

不明点があるときには、以下の方法でマネーパートナーズに照会することができます。
・電話
・ホームページのフォーム(24時間受付)

登録番号:近畿財務局長(金商)第2028号

マネーパートナーズの口座開設はこちらから