このサイトはスワップ派に焦点を当てていますから、メイン口座ではスワップ派でトレードするとします。

そして、FX口座は1つで十分だという感じもします。しかし実際には、2つ以上の口座を保有することが望ましいです。以下、Aさんに登場してもらって、その理由を書いていきましょう。

 

2つ以上のFX口座を持つことが望ましい

理由1: スワップ派以外の取引をしたいとき

Aさんはメイン口座でスワップ派の取引をしています。スワップ派だけで取引する予定ですから、他に口座は持っていません。また、スワップ派以外の取引をしたくなったら、メイン口座で取引すれば良いと考えています。

あるとき、勝てそうな通貨ペアに出会いました。今トレードすれば勝てるかもしれません。そこで、Aさんは取引をしました。結果は、負けです。トレードで簡単に勝てないことは分かっているからスワップ派をしているのですが、やはり負けると残念です。

どれぐらい負けたか確認するために、FX口座を確認しました。パッと見では、スワップポイントの利益がいくらで、先ほどのトレードの損失がいくらか分かりません。

長い期間かけてコツコツと貯めたスワップポイントなのに、出来心のトレードで失ってしまいました。何だか、とても気持ちが重いです・・・。

スワップ派の損益を管理するには年単位で考える必要がありますが、出来心の損失で予定が狂ってしまいました。出来心のトレードで勝てたかもしれませんが、トレードはいつも勝てるわけではありません。

別口座でトレードして、スワップ派口座はスワップの利益だけで管理すれば良かった・・・とAさんは思いました。

一つしかFX口座を持たないデメリット1:
スワップ派のFX口座で別の取引をすると、スワップ派のトレードの管理が難しくなる。

 

理由2: FX業者がシステムエラーになったとき

Aさんは、理由1の状態になったのに、それでも別のFX口座を作りませんでした。

「面倒くさいからいいや。」

何週間か経過したあるとき、取引したい通貨ペアが再び現れました。

「よし、今度は前回の負けを取り返すぞ!」

そこで、メインFX口座にログインしようとしたのですが、なぜかできません。どうやってもできません。おかしい・・・。その業者のホームページをよく読むと、「システムエラーのお知らせ」と題する項目がありました。どうやら、FX業者がシステムエラーを起こして取引できないようです。

「なんじゃ、そりゃー!」

そのような時は予想が当たるもので、為替レートがぐんぐん上昇。大きな利益を逃しました。

「く~。FX業者を訴えてやる!」

・・・と思いましたが、FX取引の約款には、「システムエラーが原因で利益獲得機会を逃しても、業者は何の責任も負いません」という趣旨の一文がどの業者にも入っています。

Aさんが逃した魚は大きく、とても凹みました。

一つしかFX口座を持たないデメリット2:
FX業者がシステムエラーを起こした時に取引したくても、できない。

 

理由3: メインFX口座で取扱のない通貨ペアで取引したいとき

Aさんは、それでも追加でFX口座を作りませんでした。理由はAさん自身も良く分かりません。やはり、面倒だったのです。

再び、取引したい通貨ペアが現れました。ニュースを見ていたら、良さそうなものに出会ったのです。しかし、Aさんが持っているFX口座では取引できない通貨ペアでした。仕方ありません。ここにきて、ようやくAさんは第二の口座を作ることにしました。

一つしかFX口座を持たないデメリット3:
取引したい通貨ペアがメイン口座にないとき、取引できない。

 

理由4: FX業者ごとに特徴あるサービスがある

AさんはFX口座探しを始めました。検索してみると、FX業者ごとに特徴ある様々な取引方法のサービスがあることに気づきました。なるほど・・・この方法でトレードしてみるのも面白いかもな。Aさんは新たな気持ちでFX口座と向き合うことになりました。

一つしかFX口座を持たないデメリット4:
FX業者が展開している様々な取引方法のサービスを使用できない。

いかがでしょうか。

口座はいくつ持たなければならないということはありませんが、複数持つことが望ましいです。口座開設は無料でできますから、いくつかの口座を作って比べてみましょう。

 

スワップ派を始める前
スワップ派開始後
スワップ派の知識