「元手資金は減らさないで」という意図は以下の通りです。

1. 最初に、リスクなしまたは極めて低いリスクで資金を獲得
2. その資金を使ってスワップ派を実行

こうすることで、自分の当初資金を傷つけないということです。仮にスワップ派がうまくいかなくて含み損を計上しても、もともとは自分のお金でなかったのでOK。含み損が出ても、毎日のスワップポイントでゆっくり稼ぎつつ、為替レートの回復を待ちます。

 

リスクなし、または極小リスクで資金獲得

最初に、リスクを極めて小さくして資金を確保しましょう。自分で働いてお金を稼ぐというのも良いですが、その選択肢は除外します。

1. FX口座の新規口座開設キャンペーン

口座を新規に作るだけでキャッシュバックをします!というキャンペーンは最近少なくなりました。しかし、以下のようなキャンペーンは健在です(2017年2月現在)。

(1)特定のサービスを使用すれば、取引数量に関わらずキャッシュバック
例:スマホ取引促進キャンペーン

(2)新規口座開設キャンペーンその1
キャッシュバックを得るために、必要な数量を買って即決済してスプレッド分の損失を計上してしまっても、キャッシュバックとの合計でプラスの利益になる場合です。これはスプレッドが小さく、キャッシュバックの額がある程度大きいときに実行可能です。

(3)新規口座開設キャンペーンその2
口座開設するだけでキャッシュバックがもらえるというFX口座もあります。詳細は「スワップ派のためのFX口座開設キャンペーン」で紹介していますので、ご確認ください。

上の方法で得た資金を使ってスワップ派をします。ここでの問題は2点でしょう。

・ 得られる額は多額でない。
・ 1回限りの方法である。

これは仕方がありません。ノーリスクで多額の資金を確保するのは難しいです。この方法では1,000通貨を買えませんので、1通貨から取引できるSBI FXトレードでスワップ派をします。

2. 安全度の高い債券を買って、その利息でスワップポイントを稼ぐ

次の方法は、安全度が高い債券を買い、そのクーポン(利息)をスワップ派に回す方法です。これは運用益をスワップポイント獲得に振り向ける方法です。時間はかかりますが、上の1.の方法と組み合わせれば利益を確保できます。

購入する債券の候補は、格付がとても高い債券にします。債券の発行体が倒産するなどして資金が返ってこない事態を避けるためです。

日本国債などの利率はとても低いです。そこで、償還までの期間が短い債券を買って少しずつ資金を確保し、将来利率が上昇してきたら、償還までの期間も徐々に伸ばしてより多くの利息獲得を狙うという方法もあります。

3. ゲームなどをして、無料でお金をもらう

ポイントサイトでゲームをすれば、わずかですがお金をもらえます。また、ちょっと文章を書くだけで少しお金がもらえるサイトもあります。こういったサイトに長い時間を投入するならば、アルバイトの方が良いと思います。

しかし、電車での移動中や寝る前の10分くらいなど、スキマ時間を使って少しずつお金を獲得できます。

 

どのようにスワップポイントを得るか

債券を買う方法は、債券購入資金の額によっては大きな利息を得られます。しかし、金利水準が低ければ多くの利息を望めませんし、キャシュバックキャンペーンを使う方法は大きな額の収入を見込むことができません。

スキマ時間で稼ぐ方法は、やり方によっては一定の額(毎月数千円~)を期待できます。しかし、お小遣いの範囲でしょう。

このため、最低取引数量が10,000通貨のFX口座では、取引できないでしょう。1,000通貨でも難しいかもしれません。そこで、SBI FXトレードでスワップ派をします。SBI FXトレードは1通貨から取引可能です。

レバレッジを大きくすれば取引数量を大きくできますが、それでは強制ロスカットの危険が大きくなります。そこで、レバレッジは2倍以内にしましょう。

そして、複利運用で利益獲得速度を引き上げます。複利で運用するのとしないのでは、年を経れば減るほど利益獲得速度に大きな差がついてきます。
→ 複利運用で、お金が増える速度を速める

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

関連記事特集