公開日:2016年12月31日

SBIFXトレードで豪ドル/円(AUD/JPY)を5,000通貨買ってから、半年が経過しました。その間の成績をグラフで確認しましょう。

幸運にも、取引開始後に円安となったため、純資産が大きく伸びています。このため、グラフではスワップポイントの蓄積がほとんどないように見えます。しかし、半年間で3,640円のスワップポイントを獲得しました。

為替レートに換算しますと、73銭くらいに相当します。すなわち、買い値から73銭くらい円高になっても損にならないという状態です。

このトレードは、もともとレバレッジが2倍に満たないので、円高に対する抵抗力がとても高いです。さらにスワップポイントが加わっていますので、過去の円高記録を超える円高が進行しても大丈夫です。

円高を恐れる必要がないので、とても楽です。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 


公開日:2016年10月09日

SBI FXトレードを使ったスワップ派トレードを開始して、3ヵ月と少しが経過しました。そこで、今までの成績を振り返りましょう。下のグラフは月末ごとの損益状況をグラフにしたものです。

audjpy-results-201609

まだ3ヵ月しか経過していませんのでグラフが少々読みづらいですが、確認していきましょう。

青線はスワップポイント獲得額の推移です。今回は5,000通貨買っていますので、伸びはゆっくりになります。しかし、毎日スワップポイントを獲得していますので、右肩上がりになっていることが分かります。

9月末時点の獲得額は1,700円を超えたくらいです。よって、50,000通貨で取引していれば17,000円、50万通貨だったら17万円ということになります。

一方、上側にあるオレンジの線は、スワップポイントに評価損益を加えた額の推移です。幸運にも、豪ドル/円(AUD/JPY)を買ってから円安になりましたので、評価損益はプラスです。このため、スワップポイントとの合計もプラスになっています。

ただ、評価損益はいつマイナスに転落するか分かりません。このため、今のところ含み益ではありますが安心せず、スワップポイントを毎日コツコツと蓄積していきたいと思います。

なお、獲得したスワップポイントを使って豪ドル/円(AUD/JPY)を買います(複利運用)が、いつにしようかな?という感じです。複利運用した結果、平均建値(買値の平均値)が高くなるのは面白くありません。そこで、円高になって含み損になったら複利運用しようかな?と考えています。

含み損になってから複利運用すれば、平均建値を引き下げることができます。

含み益のとき・・・成績がプラスだからOK
含み損のとき・・・複利運用で追加で買えるからOK

為替レートが円安になっても円高になってもOKというのは心強いでしょう。スワップ派は、買った後ボーっとしても良いのですが、複利運用する時には相場に向き合うことができます。かなり楽しめます。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 


公開日:2016年6月30日

当サイトでは、SBI FXトレードが1通貨から取引できてスワップポイントも大きいことを紹介してきました。それをさらにしっかりと表現するために、証拠金を投入してリアルトレードを実行します。

取引条件は以下の通りです。

  • 通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • 取引日・数量: 2016年6月30日に5,000通貨買い
  • 取引価格: 豪ドル/円(AUD/JPY)=76.1915円
  • 証拠金額: 20万円
  • レバレッジ: 1.91倍
  • 複利運用: 当サイト管理人(ゆったり為替)の判断で実行
  • 購入上限: 豪ドル/円(AUD/JPY)=89円

積極的に複利運用していく予定ですが、豪ドル/円(AUD/JPY)=89円あたりを超えたら、追加購入を見合わせることにします。あまりに円安の時に買って、その後円高になると痛いためです。

また、SBIFXトレードは1通貨から複利運用可能ですが、実際に毎日のように複利運用すると口座管理が大変になりそうです。そこで、10通貨~100通貨くらいの数量で複利運用していく予定です。

どの数量で追加買いするかを自由に決められるのも、SBIFXトレードのメリットです。

今回は5,000通貨だけ買っています。このため、複利運用するために最低1,000通貨分のスワップポイントが必要という場合、待ち時間がかなり長くなってしまいます。この場合、複利運用に自由度はほとんどありません。

SBI FXトレードならば、多額の投資金額を準備できない場合でも複利運用のメリットを享受できます。

なお、レバレッジは2倍未満に抑えていますので、仮に豪ドル/円(AUD/JPY)が円高記録である54円台に突入しても、強制ロスカットの危険はありません。安全重視でいきます。

→ 豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイント比較

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

豪ドル/円(AUD/JPY)公開トレード