マネーパートナーズ(マネパ)で取引できる「連続予約注文」を使えば、リピート系注文(トラリピのような取引)ができます。そこで、連続予約注文で得た資金でスワップ派をするメリットを紹介しましょう。

なお、連続予約注文とは何?につきましては、別記事「連続予約注文とは?その特徴を考察」でご覧ください。簡単に書くと、「最高20回の利食いまで繰り返しトレードする」という注文を発注できるシステムです。

 

マネーパートナーズ【FXnano】は100通貨から取引可能

マネーパートナーズ(マネパ)のFXnanoの特徴として、「100通貨から取引可能」があります。これが、複利運用にとって都合が良いです。複利運用とはすなわち、「獲得した資金で新たにポジションを持つ」ことです。

下の例で考えましょう。レバレッジ2倍で通貨ペアを買うとします。

例1:ある通貨ペアを、100円で1,000通貨買う場合に必要な資金:
100円×1,000通貨×(1/2)=50,000円
例2:ある通貨ペアを、100円で100通貨買う場合に必要な資金:
100円×100通貨×(1/2)=5,000円

リピート系注文ができる多くのFX口座では、最低取引数量は1,000通貨です。すなわち、ある通貨ペアの為替レートが100円だったら、レバレッジ2倍で複利運用するために必要な獲得資金は50,000円です。

しかし、マネーパートナーズ【FXnano】ならば、最低取引数量は100通貨です。5,000円を獲得すれば、第1回の複利運用ができます。

複利運用で作ったポジションからも、毎日のようにスワップポイントを得られます。このため、1,000通貨よりも100通貨で複利運用したほうが、資金増加速度が速くなります。

下のグラフは、記事「スワップ派で、最初に1万通貨買って複利運用したらどうなる?」で使用したグラフです。最初に1万通貨を買い、その後複利運用をした場合の利益率の上昇を比較したものです。最低取引数量が小さいほど複利運用が早くできますから、利益率も高くなる様子が分かります。

compound-interest

 

ポジションを保有するだけでキャッシュバックをもらえる

連続予約注文で利食いできれば証拠金が増えますし、スワップポイントでも毎日資産が増えていきます。そして、マネーパートナーズ特有の第3の収入の道があります。それは、「取引をしたり、ポジションを持っているとキャッシュバックがある」ということです。

取引数量に応じてキャッシュバックがあるというのは、他社でも見かけます。しかし、マネーパートナーズの場合、ポジションを保有しているだけでキャッシュバックがもらえます。まさにスワップ派にピッタリです。

しかも、これは一過性のキャンペーンではありません。継続的に実施されるものです。この点から見ても、マネーパートナーズを利用するメリットがとても大きいと分かります。

詳細につきましては、「ポジションを持つだけで、キャッシュバックを得られるFX口座」をご覧ください。

 

マネーパートナーズ【FXnano】にデメリットはないか?

マネパのFXnanoのメリットをざっと挙げてみましょう。

FXnanoのメリット:
・100通貨から取引可能
・高水準のスワップポイント
・スプレッドが業界最小水準
・早朝などでもスプレッドが広がらない
連続予約注文を使っても、狭いスプレッドをそのまま適用

デメリットがない・・・という感じがしますが、トラリピと連続予約注文を比較すると、気になる点がありますので確認しましょう。

トラリピのメリット:
ひとたび取引を開始したら、ずっと放っても取引を繰り返してくれる。

連続予約注文は、トラリピのメリットと比較すると少し考察が必要です。

 

考察1:繰り返し注文を一つずつ発注する必要がある

これが意味することを確認するために、下の図をご覧ください。トラリピなどのリピート系注文のイメージ図です。

swap-repeat

この図では、「繰り返し注文」が3つ発注されています。「あるレートで買って、決済して、再び買って・・・」と繰り返す注文が3つあります。連続予約注文では、この注文を一つ一つ発注する必要があります。

このため、広い範囲に数多くの注文を出そうとすると、発注作業に時間がかかるかもしれません。

しかし、50銭ごとに買う、100銭ごとに買うという注文でしたら、あまり苦にならないと思います。一気に全部の発注をしなければならない理由もありません。「今は3つ発注して、残りは後からにしよう」ということも可能です。

 

考察2:利食いを20回実行したら、注文は終了

順調に利食いが進んでも、利食い回数が20回になると取引が終了です。再び発注しなければなりません。これは面倒でしょうか。当サイト管理人(ゆったり為替)が公開トレードで連続予約注文を使用したところ、「大した問題ではなさそう」となりました。

→ マネパ【連続予約注文】で、NZドル円のスワップ派複利運用

というのは、「一つの注文につき、利食い回数20回まで継続可能」だからです。連続予約注文でリピート系注文を実行しますと、どんどん利食いすることが期待できます。

しかし、それは特定のレートで発注しているポジション単独で利食いしているのではないでしょう。

仮にボックス相場となっても、いくつもの買い注文が成立し、そして、それぞれが決済されていきます。極端に狭い利食い幅でない限り、特定の1つの注文で20回利食いするには、かなりの時間がかかると予想できます(ゆったり為替の公開トレードでは、およそ半年くらいは大丈夫だろうという結果でした)。

このため、週末に口座を確認して、取引が終了していたら再び発注するという程度でも対応可能だと思います。あるいは、もうすぐ20回になりそうだという注文を見つけたら、その注文をキャンセルして再び20回分の発注をすることも可能です。

 

また、マネーパートナーズFXnanoの連続予約注文は、米ドル/円(USD/JPY)スプレッドが0.3銭です。これは他のリピート系のFX口座に比べて圧倒的に狭いスプレッドです。手数料も不要です。

そして、100通貨から複利運用が可能です。マネパを使った複利運用のスワップ派を選択肢とできるでしょう。

マネーパートナーズの口座開設はこちらから

 

連続予約注文(マネーパートナーズ)
マネーパートナーズを使いこなす【PFX口座、nano口座】