スワップ派のためのSBI FXトレード3大特長

1.1通貨から取引可能

SBI FXトレードは、1通貨から取引可能なFX口座です。ほとんどの業者は1,000通貨または10,000通貨からの取引です。

1通貨から取引できると、スワップポイント益を使った複利運用で大きな威力を発揮します。1,000通貨や10,000通貨の取引よりも早く利益率を向上させることができます。
→ スワップ派で、最初に1万通貨買って複利運用したらどうなる?

2.未決済ポジションのスワップポイントに税金がかからない

税金支払いが必要な場合、獲得したスワップポイントの20%を毎年納税することになります。この額について税金支払いを合法的に回避して、この資金を使ってさらにスワップ派でトレードできます。

納税は、ポジションを決済してから支払います。すなわち、決済しなければ永遠に納税しなくて良いということになります。

3.業界最高水準のスワップポイント

SBI FXトレードは、スワップ派にうれしい高スワップポイントです。

スワップ派であるからには高いスワップポイントが必要です。SBI FXトレードは高いスワップポイントを売りにしていますから、安心してスワップ派のトレードができます。

 

スワップ派に必要なFX口座スペック一覧

スプレッドはスワップ派にとって最重要項目ではありませんが、コストですので小さいほうが望ましいです。SBI FXトレードのスプレッドは他のFX口座と比較しても十分狭いです。なお、これらのスプレッドは状況により変更されることがあります。

スプレッド(~10,000通貨)

usjp 米ドル/円 0.27銭
豪ドル/円 0.77銭
eurjpy-flag ユーロ/円 0.69銭
gbpjpy-flag ポンド/円 1.19銭
nzdchf-flag NZドル/円 1.79銭

口座管理手数料、取引手数料

無料

最低取引数量

1通貨

取引ツール

PC、スマホ、携帯電話

未決済ポジションのスワップ

課税: なし
再投資: 可
出金: 可

スワップポイント受け渡し時刻

標準時間(11月上旬~翌3月上旬):午前6時30分
夏時間(3月上旬~11月上旬):午前5時30分
上記時刻を超えると、即座に口座に反映

 

不明点があるときの照会方法

不明点があるときには、以下の方法でSBI FXトレードに照会することができます。
電話(平日9:00~17:00)
ファクス(24時間受付)
ホームページのフォーム(24時間受付)

登録番号:関東財務局長(金商)第2635号

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

「積立FX」でスワップ派
SBIFXトレードの特徴