このシリーズでは、スワップポイントを使った複利運用を考えます。いきなり複利運用で試算しても良いのですが、比較の対象があったほうが理解しやすいです。そこで最初に、複利運用しない場合を試算しましょう。

複利運用しないとはすなわち、以下の通りです。
・ひとたび買ったら、あとは何もしない。

とても簡単なスワップ派です。では、試算例を以下の通りとしましょう。

取引数量: 10,000通貨
為替レート: 90円(取引額90万円)
レバレッジ: 2倍(証拠金45万円)
スワップポイント: 1万通貨当たり1日50円

この場合の結果は以下の通りです。

1年目のスワップポイント: 50円×365日=18.250円(年間利益率:4.06%)
2年目のスワップポイント: 50円×365日=18.250円(年間利益率:4.06%)
3年目以降も同じ

毎日のスワップポイントが50円ならば、毎年得られるスワップポイント益も変わらず18,250円です。

しかし、実際のスワップポイントは毎日変動します。そこで、豪ドル/円(AUD/JPY)を使って過去の実際のスワップポイント益の変遷を確認しましょう。スワップポイントの大きさは「くりっく365」から引用しました。

通貨ペア:  audjpy-flag 豪ドル/円(AUD/JPY)
取引レート: 86.35円(2006年1月3日始値)
取引数量: 10,000通貨
レバレッジ: およそ2倍(証拠金43万円)

スワップポイントの利益は以下の通りです。

2006年: 48,554円(利益率:11.3%)
2007年: 55,640円(利益率:12.9%)
2008年: 50,739円(利益率:11.8%)
2009年: 22,676円(利益率:5.3%)
2010年: 34,136円(利益率:7.9%)
2006年~2015年合計: 350,595円(利益率:81.5%)

年によってスワップポイント益が大きく異なることが分かります。2007年のスワップポイントの利益率は12.9%もありました。レバレッジ2倍でリスクを抑えることを重視した取引方法にもかかわらず、です。レバレッジを3倍や4倍にしていたら、とても大きな利益率だったことが分かります。

当時、スワップ派はとても人気がありました。この数字を見れば、その理由が簡単に分かります。

しかし、2009年にはスワップポイント益が急減しています。リーマンショックの余波を受けてスワップポイントが激減したことが原因です。急減したといっても年率5.3%の利益です。大きな数字だと言えるでしょう。

そして、2006年から2015年までの10年間で得られたスワップポイント合計額の利益率は81.5%です。10年で81.5%の利益率ですから、とても良好な投資方法だということができるでしょう。

 

では、この様子をグラフで確認しましょう。試算例の数字も同じグラフで表示しています。2006年を1年目と置き換えて読んでください。

simple-interest-audjpy

試算例はスワップポイントを一定値としたので、水平な直線になっています。一方、AUD/JPYの実際のスワップポイントは、金利状況を反映して大きく上下動しています。

試算の数字はあくまで試算であり、現実とは大きく異なります。この試算では現実よりも小さな数字を出していますが、大きな数字を使えば、現実離れした試算を出すことも可能です。

今後のスワップポイントでどれだけの利益を得られるか?ですが、これは相場状況次第です。このため、試算は参考程度に考えて、一喜一憂せずにのんびり構えていくことが必要でしょう。

 

複利運用のスワップ派
日々の生活とスワップ派
少額から始められる!
複利運用の公開トレード