SBIFXトレードは、少額でスワップ派のトレードをするのに適している口座です。すなわち、買って、ずっと持ち続けて、スワップポイントを得るのに最適です。

そこで、どれくらい適しているのか、シミュレーションをしましょう。

 

シミュレーションの取引設定

以下の条件でスワップ派のトレードを始めたとしましょう。

  • 通貨ペア:  ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)
  • 取引数量: 1,000通貨
  • 想定最低値: NZD/JPY=40.00円
  • スワップポイント: 1万通貨当たり1日80円
  • 買値: NZD/JPY=70円

スワップポイントが蓄積したら、そのスワップポイントを使って追加でNZD/JPYを買います。すなわち、複利運用です。

そして、為替レートの変化まで考えるとシミュレーションできませんので、NZD/JPY=70円で一定だとします。70円ならば、円高過ぎず円安過ぎず、というレートだと思います。

 

最初に1,000通貨買うために必要な証拠金は?

上の条件で、想定最低値であるNZD/JPY=40円になっても強制ロスカットされない証拠金を準備しましょう。計算の詳細は、この記事の一番下をご覧ください。

32,800円が必要な証拠金です。32,800円では金額が小さくて物足りないなという場合は、取引数量を増やしましょう。SBIFXトレードは1通貨単位で取引可能ですから、1,001通貨や1,002通貨といった数量でも買えます。

 

シミュレーション実行!

初日:スワップポイント8円が入金されました。
2日目:スワップポイント8円が入金されました。
3日目、4日目・・・同様に入金されます。

さて、スワップポイントを使って追加で1通貨を買うには、一体どれくらい待てば良いのでしょうか。

1,000通貨を買うのに必要な証拠金は32,800円でした。ということは、1通貨を買うのに必要な証拠金は32.8円です。33円としましょう。1日で8円の入金ですから、5日間待てば、追加で1通貨を買えます。

たった5日間で、第1回の複利運用が実行できました!

「1通貨を買っても、スワップポイントは1円にも満たない小さな数字だから、切り捨てでゼロになるのでは?」このような心配は無用です。

SBIFXトレードでは、小数点第4位の金額まで口座に入金されます。

すなわち、0.0001円までしっかりと口座に計上されます(引き出すためには、1円以上の蓄積が必要です。)。こうして、わずか1,000通貨しか買っていないのに、複利運用で5日ごとにNZD/JPYを買うことができます。

 

SBIFXトレードでスワップ派をするメリットを考える

上の例を元にして、SBIFXトレードでスワップ派のトレードをするメリットを考えましょう。

メリット1:少ない資金でも複利運用のスワップ派ができる

最低取引数量が10,000通貨や1,000通貨だったら、第1回の複利運用で買うために必要なスワップポイントはかなり大きくなります。

例えば、最低取引数量が1,000通貨の場合、追加で1,000通貨を買うには32,800円の蓄積が必要です。1日のスワップポイントが8円ですから、必要な日数は4,100日となります。10年以上・・・。途方もない時間です。人間には寿命がありますから、そこまで我慢できるかどうか。

最低取引数量が1,000通貨の口座でスワップ派をする場合は、初回の取引数量を10,000通貨以上にすると良いでしょう。すると、第1回の複利運用までに必要な日数が短くなります。

1000通貨複利

しかし、SBIFXトレードならば、5日で1通貨を追加で買えます。そして、1通貨だけ複利運用で買ったとしても、その1通貨にも新規にスワップポイントがつきます。

こうして、複利運用でどんどん追加で買うことができて、その買ったポジションにもスワップポイントがついて・・・どの口座が有利なのか、これ以上の検証は不要でしょう。

毎日複利運用したかったら、最初に5,000通貨買います。必要な証拠金は164,000円です。
1,000通貨を買う場合に比べて高額になりますが、「毎日」複利運用できるメリットを得られます。

1通貨複利

メリット2:「ただ待つ」でなく、「買うという行動」ができる

スワップ派のデメリットの一つ。それは「ヒマすぎる」ということです。何もしないで、ただ待つだけ・・・これが、どれだけ苦痛なことか。スワップ派でトレードしたことのある方で、この気持ちが分かる!という方もいらっしゃるでしょう。

SBI FXトレードの場合、上のシミュレーションでは5日に1回、買うという行動ができます。買いたくなければ放っておいても構いません。「今は少し円安水準だから、もう少し円高になるまで待とう」という具合です。

スワップ派のトレードなのに、ただ待つだけでなく、相場と向き合って追加で買うことができます。「スワップ派はつまらない」というイメージは消え去るかもしれません。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

参考:最初に1,000通貨を買うために必要な証拠金は?

取引を開始するために、取引金額の4%の証拠金が必要です。
70円×1,000通貨×4%=2,800円 ・・・(1)
次に、70円で買ったポジションが40円になっても強制ロスカットにならないように、証拠金を準備します。
(70円-40円)×1,000通貨=30,000円 ・・・(2)

(1)と(2)の合計である32,800が必要な証拠金額となります。

 

複利運用のスワップ派
日々の生活とスワップ派
少額から始められる!
複利運用の公開トレード