今回は、スワップポイントの大きさがが変化する原因を考えましょう。最初に、為替レートとスワップポイントの関係を調べてみましょう。

例:
A国と日本の金利差: 5%
為替レート: 100円

この時の10,000通貨当たりの毎日のスワップポイントはいくらでしょうか。
100円 × 10,000通貨 × 5% / 365日 = およそ137円
毎日のスワップポイントの大きさは137円くらいとなりました。

では、金利差は同じままで、為替レートだけが50円に急速に円高になったとしましょう。この時の毎日のスワップポイントはいくらになるでしょうか。
50円 × 10,000通貨 × 5% / 365日 = およそ68.5円
毎日のスワップポイントの大きさは半分になってしまいました。

スワップポイントの大きさが半分になってしまった理由は一つです。「為替レートの水準が半分になってしまった」すなわち、「大幅に円高になった」ということです。

次に、為替レートは100円のままで、内外金利差が5%から半分の2.5%になったと仮定しましょう。このときの毎日のスワップポイントはどうなるでしょうか。
100円 × 10,000通貨 × 2.5% / 365日 = およそ68.5円
内外金利差が半分になった場合も、スワップポイントは半分になりました。

pointsスワップポイントの数字が小さくなる原因
1. 為替レートが円高になる
2. 内外金利差が縮まる
スワップポイントの数字が大きくなる原因
1. 為替レートが円安になる
2. 内外金利差が広がる

円でスワップ派をしていた場合、リーマンショック前後でスワップポイントの大きさが大きく異なります。その原因は上の2つが同時に発生してしまったからだと考えられます。

上の例で、為替レートと金利差が同時に半分になってしまう場合を試算しましょう。
50円 × 10,000通貨 × 2.5% / 365日 = およそ34.25円
為替レートと金利差が両方とも半分になると、スワップポイントは4分の1になってしまいました。


ということは、上の2つの原因が解消されれば、再びスワップポイントが大きくなると考えられます。

スワップ派で稼ごうと考える場合、内外の金利差に注目することが多いのではないかと予想します。しかし、為替の水準もスワップポイントの大きさに影響を与えます。

では、大幅な円安水準の時にスワップ派を始めれば良いのでしょうか?内外金利差に変化がないならば、円安水準のときに始めれば大きなスワップポイント益を得ることが可能でしょう。

しかし、この質問に対する答えは「NO」になるでしょう。というのは、あまりに円安水準の時にスワップ派を始めると、将来、円高になるときに含み損となるからです。

そこで、可能ならば、円高水準にあるときにスワップ派を始めることが望ましいでしょう。円高での開始ですから、当初のスワップポイントの大きさは小さい可能性があります。しかし、将来円安になるときの含み益の増大と、円安実現後の大きなスワップポイントの両方を獲得できるように期待するのです。

 

スワップ派を始める前
スワップ派開始後
スワップ派の知識