円高の時点でスワップ派を始めてレバレッジも小さくするならば、スワップ派はとても優秀なトレード手法だと思います。一方で、短期間でしっかり利食いするのには向きません。

一方、リピート系注文は、数多くの利食いを繰り返すことに特徴があります。このため、スワップ派よりも証拠金増加速度を速くできます。円安すぎるときに買いで始めると、円高になったときに辛いのはスワップ派と同じです。

リピート系注文:
トラリピ、ループイフダン、トライオートFX、連続予約注文などのトレード手法を指します。共通点は「注文を繰り返す」です。

イメージ図は下の通りです。特定の為替レートの青丸で買って、オレンジ丸で決済します。それを繰り返しています。

swap-repeat

記事「スワップ派をしながら、そのポジションで利食いも狙う」では、スワップ派として始めたポジションについて、円安になったら順次決済するという方法でした。

今回ご紹介するのは、スワップ派はスワップ派、リピート系注文はリピート系注文。それぞれ別々に同時に実行する方法です。

 

スワップ派とリピート系注文の併用

下のチャートは、豪ドル/円(AUD/JPY)の長期チャートです。1995年から表示しています。過去20年以上にわたって、55円~105円の間で動いています。

そこで、ちょうど半分より円高になったらスワップ派とリピート系注文を実行すると仮定します。ちょうど半分とは、およそ豪ドル/円(AUD/JPY)=80円くらいになります。

audjpy-monthly-chart2-1995-2016

55円~80円で買うスワップ派:

為替レートがどのようになっても、ひたすらスワップポイントを獲得し続けます。赤枠部分を超えて大きく円安になったら、利食いしても良いでしょう。値幅10円以上の大きな利食いを狙えます。

55円~80円でリピート系:

リピート系注文で買いトレードするデメリットは、円高になるとつらいことです。そこで、円高の部分にあるときだけ実行します。赤枠部分を超えて円安になる場合は、リピート系注文は中止です。

スワップ派から得られるスワップポイントと含み益を確保します。

なお、ここでは80円で区切っていますが、85円でも90円でも構いません。ただし、区切り位置を円安に持っていくと、円高になったときに含み損が辛くなります。できるだけ円高の位置で区切るのが望ましいでしょう。

 

ゆったり為替のループイフダンとどこが異なる?

ゆったり為替(当サイト管理人)は、自己資金を投入してループイフダンを実施しました(2016年のバージョンアップ前のループイフダンです)。

ゆったり為替のループイフダンと、この記事で紹介している内容とでは、どこが異なるでしょうか。以下の点が異なります。

この記事で紹介している方法:
取引開始当初から、スワップ派とリピート系手法を同時に実行します。

ゆったり為替のループイフダン:
ループイフダンで得た資金を使って、スワップ派を実行します(複利運用)。

このため、同時に実行する方が、より早くスワップ派を実行できます。ゆったり為替の手法の場合、スワップ派トレードをするための資金をループイフダンで確保しようとしました。しかし、資金を得る前に円安になってしまったら、スワップ派を実行できません。

すなわち、円安になったらポジションがなく、スワップポイントも得られないという結果になります。このため、円安リスクを重視するならば、スワップ派とリピート系注文を同時に実行することになります。

円安になる前にリピート系注文で資金増を見込めるならば、ゆったり為替の方法でも良いかもしれません。

 

スワップ派とリピート系注文の併用が可能なFX口座

ここで紹介しているリピート系トレード手法が可能で、かつ、スワップポイントも大きいFX口座は以下の通りになります。下のリンクにて、それぞれの取引システムについて詳細をご案内しています。

・インヴァスト証券【トライオートFX】
・マネーパートナーズ【連続予約注文】

口座開設:
トライオートFX:自由自在にリピート系注文を使いたいなら
マネーパートナーズ:最も狭いスプレッドでリピート系注文をするなら

 

スワップ派とリピート系のコラボ
トライオートFX(インヴァスト証券)
連続予約注文(マネーパートナーズ)
ループイフダン(アイネット証券)
リピート系注文の比較