リーマンショック前にスワップ派が人気を博していた時期がありました。スワップ派とは、スワップポイントを継続的に稼ぎつつ、運が良ければ円安でも利益を獲得しようとする方法です。

そのころにも一部のトレーダーの間で使われていた方法かもしれませんが、一瞬で3日分のスワップポイントを獲得する方法を確認しましょう。

 

スワップポイントはいつ得られるか

始めに、スワップポイントはいつ得られるのかを確認しましょう。FX口座によって違いがあるものの、多くのFX口座では以下の通りです。

・営業日が変わる瞬間にスワップポイントが付与される

営業日が変わる瞬間とは、ニューヨーク時間の午後5時です。すなわち、日本時間でいえば、

標準時間(11月初め~翌年3月初め):午前7時
夏時間(3月初め~11月初め):午前6時

この時刻になると、スワップポイントを得ることができます(そうでないFX業者もあります)。

月曜日と火曜日の営業日の切り替わりで1日分のスワップポイントがもらえます。火曜日と水曜日も同様です。このように考えていくと・・・土曜日と日曜日のスワップポイントはいつもらえるのでしょうか?

毎日1日分のスワップポイントが付与されますので、土曜日・日曜日の分もどこかで付与されるはずです。しかし、土曜日と日曜日は相場はお休みです。

スワップポイントの受け渡し日とスワップポイントの日数は、以下の通りになっています。

swap-points-day

上の表で月曜日で日数1とあるのは、月曜日から火曜日になるときに1日分のスワップポイントの受け渡しがあるという意味です。これを見ると、水曜日から木曜日への営業日移動で3日分のスワップポイントの受け渡しがあります。

FXで通貨の取引があると、それが実際に引き渡されるのは2営業日後です。そこで、上のような関係になっています。土曜日・日曜日の分は、水曜日から木曜日に営業日が変わるときにまとめて受け渡しが行われます。

 

一瞬で3日分のスワップポイントを稼ぐ方法

上の性質を受けて、あるトレード方法が実現します。

一瞬で3日分のスワップポイントを得る方法
1. 水曜日から木曜日に営業日が変わる直前に、スワップポイントがプラスになるように通貨ペアを取引する
2. 営業日が変わった直後に、そのポジションを決済する

こうすれば、一瞬で3日分のスワップポイントを得られて利益になるということです。ただし、この方法にはいくつかの注意点があります。

 

1. 営業日が変わる前後10分間~15分間は取引できないFX口座が多い

FX業者のホームページを読むと、平日は24時間取引可能と書いてあることが珍しくありません。しかし、正確にはこれは正しくないことがあります。というのは、メンテナンスの時間があるためです。

FX口座ごとに異なりますが、営業日が変わる時刻を挟んで10分くらいは取引ができないことがあります。この3日分のスワップポイントを得る方法は、営業日が変わる直前と変わった直後にトレードする必要があります。

というのは、取引をしてから決済するまでに時間がかかってしまうと、その間に為替相場が動いて損してしまうかもしれないからです。しかし、文字通り24時間取引できるFX口座はとても少ないです。

2. 早朝でもスプレッドが小さくなければならない

早朝は取引が少ないため、スプレッドが広くなりがちです。しかし、この取引で成功を収めるためには、少しでもスプレッドが小さいほうが望ましいです。早朝でスプレッドが大きくなりがちなのに、少しでも小さいほうが良い。

この矛盾した要求に応えるFX口座でなければなりません。

3. スワップポイントが十分に大きくなければならない

そして、当然ですが、スワップポイントは大きくなければなりません。取引開始から決済までに多少の為替レート変動があるでしょうし、スプレッドもあります。これらのリスクを勘案してもなお利益を確保できる通貨ペアでなければなりません。

このため、先進国同士の通貨ペアで取引することが多くなるでしょう。新興国通貨ペアはスワップポイントが大きいものの、スプレッドが大きくなってしまいます。

 

上の条件を満たすFX口座

さて、上の3条件を満たすFX口座があれば最高です。そして・・・これはイケかも?という口座があります。DMMFXです。下のキャプチャをご覧ください。2016年12月16日午前7時の取引画面です。冬時間ですから、午前7時ちょうどが営業時刻の切り替えです。

取引画面左中ほどに丸を書きました。米ドル/円(USD/JPY)のスプレッドです。営業日が切り替わった瞬間なのに、スプレッドが0.3銭のままです。

ここで、DMMFXの取引条件を確認しましょう。

・文字通り24時間取引可能
・営業日の切替時刻(冬時間は午前7時、夏時間は午前6時)にスワップポイントがつく
・営業日の切替時刻でも、極めて狭いスプレッド

そこで、冬時間だったら、午前6時59分59秒に買って、午前7時00分00秒以降に決済すればOKです。為替変動リスクを抑えながら3日分のスワップポイントを獲得できます。

また、営業日切り替えの瞬間でもこれだけスプレッドが狭いなら、スワップポイントの大きさによっては、3日分のスワップポイントでなく1日分を狙ってもよいかもしれません。

DMMFXは早朝取引ツールの候補となるでしょう。

DMMFXの口座開設はこちらから(キャッシュバックが通常より多い!)

 

関連記事特集