FX口座を開設するには、おおむね20歳以上であることが必要です。このため、ここでいう学生とは、多くの場合大学生または専門学校生となります。

一般的に見て、学生の特徴は何でしょうか。

特徴1: 時間がある
特徴2: 希望がある
特徴3: 多額のお金があるわけではない

学生は授業がありますし、アルバイトもあります。このため、忙しいです。しかし、社会人になってからの忙しさとは質が異なります。学生の方が自由時間がたくさんあります。

その一方で、自由に使えるお金の大きさという点では、社会人に劣るでしょう。この条件を踏まえたうえで、学生向きのトレード手法を考察してみましょう。

students

 

失敗してもOK!とにかくやってみよう!

時間があるというのは、極めて重要なポイントです。というのは、失敗してお金を失っても、何度でも再挑戦する時間があるからです。

また、自分に適したトレード手法というのは、他人では分かりません。自分の試行錯誤を通じてしか発見できません。

よって、これは!というものがあれば、どんどん試してみましょう。

ただし、多くの場合、損失で終わるでしょう。これは初めに確認しておく必要があります。

中にはスーパーマンのような人がいて、FXでどんどん稼げる場合もあるでしょう。しかし、多くの人は勝てずにいます。それでも何とか勝てるようになろうと、日々努力しています。自分は他人と違って簡単に勝てるというのは、都合が良すぎます。

しかし、その失敗は無駄ではありません。

「こうやったら負ける」「こうしたら負けづらい」といったデータを集めることができるからです。社会人に比べれば、ふんだんに時間があります。その時間を有効に使い、とにかく勉強あるのみです。

 

でも、時間はあってもお金はないし・・・という場合の方法としては、「最小取引単位が小さいFX口座で取引する」という方法があります。

たとえば、SBI FXトレードは、1通貨(1米ドル、1ユーロ)から取引可能です。すなわち、10円もあれば取引可能です。実際に1通貨から取引するのは数字が小さすぎるとは思いますが、ふんだんにお金がなくてもFXはできます。

小さなお金で色々なトレードを繰り返して、失敗を重ねます。研究を続ければ、そのうちに「これだ!」という方法が見つかる可能性があります。見つかればチャンスです。今までの失敗の歴史は、成功の道へと変化を遂げるのです。

あきらめずに繰り返し取り組むことが、とても大切でしょう。

 

自分の資金を全く失いたくないという場合は、口座開設キャンペーンを利用するという手段もあります。当サイトの口座開設キャンペーン紹介では、スワップ派向きのものを集めています。すなわち、多額の資金や多額の取引数量がなくても現金をもらえるキャンペーンを紹介しています。

そこで、このキャンペーンを使ってお金をもらい、それを使ってトレードを繰り返すという方法もあるでしょう。

→ スワップ派のためのFX口座キャンペーン

 

生活スタイル別FXトレード