ボックス相場と対比して語られる相場として、トレンド相場があります。そこで、トレンド相場の特徴や、リピート系取引(ループイフダンや連続予約注文など)での攻略方法を考察しましょう。

 

トレンド相場とは

トレンド相場を定義するなら、「為替レートが継続的に上昇または下落を示していること」と言えるでしょう。ただし、少しも下落してはいけないというわけではありません。上下動を繰り返しながらも上昇していればOKです。

下の図は上昇トレンドのイメージ図です。下落トレンドは、これを上下さかさまにしたものです。

trend-1

上の上昇トレンドは、比較的分かりやすい値動きでしょう。そして、下のような値動きでも上昇トレンドと言ってよいでしょう。「下落に転じたかも?」と思わせる場面があるとしても、結果として上昇している様子が分かります。

このような上昇トレンドは、トレードの難易度が高いと予想できます。

trend-2

 

リピート系取引でトレンド相場を攻めるメリット

では、トレンド相場で裁量トレードすることを考えてみましょう。裁量トレードとは、相場の上下動を予想して取引する方法を言います。

この記事の上から2枚目のような値動きの場合、難易度が高いかもしれません。というのは、下のような状況だからです。

1の赤丸で買うとします。すると、2の赤丸のところで利食いしてしまうかもしれません。というのは、2に至るまでの値動きが下落トレンドに見えなくもないからです。

trend-4

実際に青の破線のように動いてしまったら、せっかくの含み益がすべて消えてしまって含み損になりかねません。そこで決済してみたら・・・結局は上昇トレンドが継続しています。

相場は、このようなことが日常茶飯事でしょう。この値動きに対応していると、体力・精神力・時間をかなり使ってしまうかもしれません。そこで、リピート系取引の出番です。

以下のようなトレードをします。赤線で売買します。上昇トレンドですから、全ての赤線で買うと想定しましょう。

trend-3

リピート系のトレードを設定しておけば、上のような「もしかしてトレンド転換?」という場面でも淡々と利食いを繰り返してくれます。精神力と時間を消費しないのが大きなメリットです。

 

リピート系取引でトレンド相場を攻める設定

では、リピート系でトレンド相場を攻めるときに重要なことは何でしょうか。これはボックス相場の場合と同じです。

重要な点:
損切り注文(ロスカット注文)を必ず設定しましょう。

ボックス相場と同様に、トレンド相場もいつか終わります。終わった後にボックス相場に転換するならば、引き続きそのままリピート系の取引を継続できます。これは良いパターンです。

そうではなく、下落トレンドに転じてしまう場合に注意が必要です。買い注文が数多く並んでいる中で下落トレンドでは、含み損が大きくなることが想定できます。

このため、どこかに損切り注文を設定する必要があります。では、どこに?

残念ながら、唯一解はないでしょう。「為替レートがここまで来れば、上昇トレンドが終了して下落トレンドに転じたと考えても良いだろう」というあたりに損切り注文を発注します。そして、トレードを継続します。

あるいは、損切り注文を発注しつつも、利食い額の目標値を設定し、そこに到達したらトレードを全て終了するという方法もあるでしょう。

こうすれば、「いつ相場が下落に転換するか分からないけれど、取引は継続しなければならない」という、良く分からない不安が軽減します。やはり、目標があるのとないのでは精神的な安定感が違います。

目標がないと、最後は損切りで終了することになります。あまり気持ちの良いものではないかもしれません。

皆さまのお好みの方法で、相場の荒波を乗り切りましょう!

 

リピート系で長期・短期トレード