積立FXとは、その名前の通り「積み立てるFX」です。SBIFXトレードが提供しているサービスです。

一般的なFXのイメージは、「上がるか下がるか」を考えて売買し、比較的短い期間が経過したら決済するという内容かもしれません。このため、短期間で大成功を収めることが可能ですが、大損失となってしまう可能性もあります。

しかし、積立FXはそのイメージとは大きく異なる商品です。

「買って、長期に保有してスワップポイントを得る」「うまくいけば、為替差益も狙える」という内容ですので、当サイトの考え方と似ています。

なお、外貨預金の世界にも「外貨積立預金」があります。積立FXはFXの商品ですが、外貨預金や外貨積立預金と比較しながら考えると分かりやすいかもしれません。

この意味で、バリバリにFX取引をしよう!というユーザー向けでなく、着実にスワップポイント(金利)を確保したいという顧客向けの商品だと言えます。

 

積立FXの仕組み

積立FXとはFXなのですから、基本はすべてFXと同じです。異なるのは、「定期的に自動で売買」「新規取引は買いのみ」「レバレッジは1倍から3倍まで」の3点です。

 

定期的に自動で売買

積立FXは積立商品ですから、預貯金と同じように定期的に自動で買い付けます。買い付ける頻度ですが、毎日・週1回・毎月の3種類から選べます。

毎日買うと大きな資金が必要なイメージになるかもしれません。しかし、SBIFXトレードは1通貨から取引可能です。すなわち、1米ドル、1豪ドルといった単位で購入可能です。このため、手軽な金額で始めることができます。

なお、「今は円高だから臨時で買おうかな」というときには、成行または指値で買うことも可能です。

 

新規取引は買いのみ

積立FXは長期間の保有を前提にしています。このため、短期間の売買を目指しません。じわじわとスワップポイントを積み上げ、可能ならば為替差益も得たい。そのような、外貨預金に似たイメージです。

円を含む取引可能通貨ペアのみの取引が可能という点から分かりますとおり、新規取引は買いだけ可能です。仮に売りもOKにしてしまうと、スワップポイントを毎日支払うことになりますから、積み立ての意味がなくなってしまいます。

このため、購入できる通貨ペアは、スワップポイントが継続的にプラスになっているものに限定されています。

 

レバレッジは1倍から3倍まで

レバレッジも重要な点です。FXで大損というニュースが流れるとき、その取引は高いレバレッジをかけていたことでしょう。というのは、「外貨預金で大損!」というニュースが皆無であることからも分かります。

このため、積立FXは低レバレッジのみの取引が可能になっています。気分が乗って勢いで買ってしまうという危険もありませんので安心です。

ただし、当サイトでは、レバレッジは最大でも2倍までを推奨しています。3倍の選択肢を選ぶことももちろん可能ですが、積立という商品の性質上、相場の波乱が起きても大丈夫なレバレッジを採用したいです。

 

積立FXのメリット

では、上のような特徴を持っている積立FXのメリットは何でしょうか?一緒に考えてみましょう。

 

メリット1:外貨預金と比較できる内容なので、安心感がある。

安心感というのは、商品を買う上でとても大切な要素です。「これを買っても大丈夫だろうか・・・」と疑心暗鬼になっていては、自分の大切なお金を使って外貨を買うことはできないでしょう。

外貨預金とFXは外貨を売買するという意味で同じカテゴリーの商品ですが、取扱高は外貨預金の方が圧倒的に大きいです。スプレッド、スワップポイント、銀行等が経営破たんするときの資産保全、いずれもFXが圧勝であるにも関わらず。

これは、商品に対する「安心感」が影響している可能性があります。

積立FXは、FXでありながら外貨預金並みの安心感を得ることができます。かつ、FXのメリットもしっかり得られます。外貨預金を検討している方、外貨での長期運用を検討している方に向いた商品でしょう。

 

メリット2: 外貨預金よりも有利

先ほどもチラリと書きましたが、積立FXは外貨預金と比較できる商品性を持っています。しかし、積立FXの方が顧客にとって有利です。

外貨預金が唯一勝っていると言えそうなのは、海外送金ができるかどうか?です。FX口座から海外送金はできません。

しかし、SBI FXトレードの場合、グループ会社のSBIレミットを使って海外送金すると、送金手数料は480円~となっています。こうなると、外貨預金をする理由を探すほうが難しいと言えるかもしれません。

 

メリット3: 回転売買しようと思っても、できない

「あ!今売ればいい感じかも?」と思っても、売りから取引を始めることはできません。また、高レバレッジの買いで勝負!もできません。こういったトレードで資金を増やせるならば良いのですが、ほとんどの場合、損して終わるという結果になるのではないでしょうか。

積立FXの場合、短期間の値動きを狙ってギャンブル的な勝負ができません。これは、顧客の資産を守り、毎日のスワップポイントを積み上げていこうという商品性にピッタリです。

このメリットは、顧客の損益にもはっきりと表れています。下の画像をご覧ください(SBIFXトレードのホームページから引用)。

上の表において、積立FXは、2015年12月(サービス開始)から2016年5月の間に決済した口座を対象にしています。店頭FX取引とバイナリーオプションは、2016年4月の実績です。

上の表を見ると、「今がチャンス!」と思っても売買せず、定期的にコツコツと積み立てることで、プラスの成績を出せる顧客割合が大きくなることが分かります。SBI FXトレード[積立FX]の有効性を示しています。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

「積立FX」でスワップ派
SBIFXトレードの特徴