Aさんはスワップ派でトレードを始めました。すると、少しずつではありますが毎日お金が口座に積み重なっていきます。Aさんは最初は楽しかったのですが、だんだんつまらなくなってきました。

「スワップポイントが毎日50円か。1か月で1,500円。お小遣いの足しにもならないじゃないか。」
「こんな額では面白くない。」
「よし、1日100円にしよう。50円の2倍だから、利益獲得速度も2倍だ」

こうして、Aさんは投資額を2倍にしました。スワップポイントも、もちろん2倍になりました。しかし、投入した証拠金の額は同じです。

「よっしゃー。こうでなくっちゃ。」
「今は1日100円だけど、そのうち200円にして、そして300円、400円と増やしていけばいい感じ」

Aさんはこうして、いい感じで稼ぎ始めました。ただ、スワップポイントが毎日得られると、次第に刺激を感じなくなってきます。そのうちに、Aさんはスワップ派でトレードしていることを忘れがちになりました。スワップ派は一度買ったら放っておくスタイルですから、これは問題ありません。

 

・・・何か月か経過して・・・

ふとニュースを見ると、円高の話をしていました。

「円高?そうか、そういえば、スワップ派で取引していたっけ。あれはどうなったかな。」
「まあ、大丈夫だろう。レバレッジは2倍にして取引を始めたし。」

しかし念のため、口座を確認することにしました。すると、とんでもない含み損でした。

「うおっ!何事?レバレッジは2倍のはずでは・・・」
「あっ。そういえば、スワップポイントが欲しいから取引量を増やしたんだっけ!」
「スワップポイントで稼いでも、それをはるかに上回る損だ・・・」
「どうしよう・・・」

こうして、Aさんは途方に暮れたのでした。

089500

上の話は架空のものですが、Aさんはどこがまずかったのでしょうか。

・取引を始めてから、取引数量を増やしてしまった。

取引数量を増やすこと自体は問題ではありません。問題なのは、感覚で投資してしまったことです。取引を開始する前に、Aさんはレバレッジを2倍にするという計算をしていました。しかし、取引を開始してからしばらく経過して、さらに取引量を増やしてしまいました。

この間、大きく儲かったわけでもありません。

なぜ、Aさんは取引量を増やしたのでしょうか。

・ もっとスワップポイントが欲しくなった
・ 刺激が欲しかった

こういったところが理由かもしれません。

スワップ派の取引というのは、ワクワクドキドキするものではありません。むしろ、つまらないと言ったほうが正確かもしれません。なぜなら、相場の動きとは関係なく、毎日毎日一定の額を得ることができるのですから。

取引開始直後はドキドキするかもしれませんが、すぐに慣れてしまいます。すると、より大きな投資額にしないと、ワクワク感が得られません。こうして、安全にトレードするという方針はどこかに消えてしまいます。

こういった失敗をしない方法の例は以下の通りです。

pointsスワップ派でむやみに投資額を引き上げる失敗をしない方法の例:
なぜその投資をしようとしたか、どのような計算をしたか、レバレッジは何倍までにすべきと考えているかといった情報を紙に書いて残しておく。

人の記憶はすぐに薄れてしまうものです。また、現在の自分に都合よく解釈を変更してしまうものです。そこで、紙に書いておくのです。トレードを開始するにあたって、何を考えているのかを。

こうして、後から解釈を自由に変更してリスクの高い投資をしてしまう危険を回避します。

 

スワップ派を始める前
スワップ派開始後
スワップ派の知識