公開日:2015年5月4日
最終更新日:2017年1月1日

スワップ派にとって、毎日のスワップポイントの大きさも重要ですが、過去10年程度以上の推移も重要です。というのは、スワップ派は期限を切ることなくずっとポジションを持ち続けることがあるからです。そして、スワップポイントを毎日獲得していきます。

そこで、米ドル/円(USD/JPY)のスワップポイントの長期分析をします。下のグラフをご覧ください。

このグラフは、「くりっく365」で米ドル/円(USD/JPY)を1万通貨買い、そのままずっとポジションを維持した場合に得られたスワップポイントの獲得額を、月別に示しています。

横軸は年で、縦軸が月別のスワップポイント獲得額です。よって、縦軸は円です。

2007年までは、1万通貨買って保有するだけで、毎月4,000円~5,000円のスワップポイントを得られました。ということは・・・

10万通貨保有すれば、毎月4万円~5万円
100万通貨保有すれば、毎月40万円~50万円

2005年~2007年ごろに、スワップポイントを狙った取引に人気が集まっていた理由が良く分かります。ただ買って持つ。これだけでこんなに多額のスワップポイントを得られたのです。

しかし・・・。残念ながら、リーマンショックが米ドル/円(USD/JPY)のスワップポイントにも大きな影響を与えました。2008年後半までとそれ以後では、毎月のスワップポイント獲得額が大きく異なっています。よく見ると、月間スワップポイント益がマイナスになっている月も散見されます。

しかし、2016年以降、スワップポイントは再び増加トレンドに入ったかもしれません。スワップポイントが明らかに大きくなっていることが分かります。

というのは、米国の政策金利が上昇トレンドに入ったと見込まれるからです。FOMC(米国の政策金利を決める機関)の見通しによれば、2017年も政策金利は引上げ基調です。一方、日本の政策金利は上昇の気配もありません。

このため、2017年の米ドル/円(USD/JPY)は、スワップポイントで期待できるかもしれません。

 

スワップ派成否のカギはレバレッジ

2008年のリーマンショック後、長期間に渡って米ドル/円(USD/JPY)のスワップポイントは低位に張り付いていました。しかし、注目できる点もあります。

それは、「リーマンショック後も、概ねスワップポイントはプラスで推移していた」ということです。

リーマンショック後に米ドル/円(USD/JPY)は強烈に円高になりましたが、それでも耐えてずっとポジションを持っていれば、継続的にプラスのスワップポイントを得ることができました。

下のUSD/JPYチャートをご覧ください。スワップポイントのグラフと同じ期間のUSD/JPYのチャートです。

2005年~2007年の円安時にスワップポイントをしっかり獲得したとしましょう。その後の円高局面でも強制ロスカットにあうことなく、耐えたとしましょう。そして、2015年になると、再び2005年~2007年と同じくらいの円安水準になりました。

すなわち、

為替レートの推移に関わらずポジションを持っていれば、利益を得ることが可能でした。

しかし、リーマンショック後の円高において、多くの人が強制ロスカットで損失を被ったようです。なぜでしょうか?「レバレッジが高すぎた」これが原因ではないでしょうか。過去10年程度以上を振り返るだけでも、以下の点が分かります。

・ レバレッジはとにかく小さく維持すべきこと。
・ スワップポイントは概ねプラス。ポジションを維持すれば結果として利益になった。

では、継続的にスワップポイントがマイナスに転落する場合はどうでしょうか。その場合は、その転落が一時的なものか長期的なものかを考えます。

そして、長期間継続すると判断すれば、損失を確定することも選択肢となるでしょう。しかし、上の例ではスワップポイントは概ねプラスで耐えています。

リーマンショックのような世界的危機でも、スワップポイントは以前と変わらずプラスを維持しました。どの通貨ペアで取引しようかを考える場合は、こういった過去データもしっかり振り返りましょう。

ちなみに、米ドル/円(USD/JPY)を1万通貨買い、2005年7月初日から2016年12月末日まで持ち続けた場合のスワップポイントはいくらでしょうか。

およそ174,000円です。

この額が多いと読むか少ないと読むか。それは皆様の感覚に頼るところになりますが、買ってただ持つだけでこれだけのスワップポイントを得られたという事実があります。

 

スワップ派の複利運用

なお、この検証ではスワップポイントの複利運用を考慮していません。スワップポイントの複利運用とは、スワップポイントを使って新たにポジションを持つことです。

今回の検証期間は円高の期間が長かったため、複利運用をすると平均建値を下げることができました。また、複利運用で得たポジションからもスワップポイントを得ることができました。

この複利運用の検証につきましては、特集ページ「スワップ派で複利運用」をご覧ください。詳細に検討しています。また、下のリンク先では、どのFX口座のスワップポイントが最も大きいかを検証しています。あわせてご覧ください。

→ usjp 米ドル/円(USD/JPY)のスワップポイント比較

 

長期の為替レートとスワップポイント
当サイトで人気の特集記事