活発に口座開設を募集しているFX業者は、日本国内だけでも数十社あります。それぞれの業者は、特徴的なサービスをユーザーに提供しています。

ということは、スワップ派にとって有利なFX口座とそうでないFX口座という区別も自然と出てきます。あらゆる取引方法について完璧にNO.1だというFX口座は存在しません。

そこで、当サイトは数多くのFX口座を調査しました。その結果、スワップ派でトレードするのにNO.1だろうという口座はSBIFXだという結論になりました。

なぜ、SBI FXトレードなのでしょうか?

 

理由1: 業界最高水準のスワップポイント

スワップポイントで証拠金を増やそうと考えているのですから、スワップポイントは大きいほうが良いです。

1万通貨当たり1円の違いだったとしても、それが毎日積み重なると、無視できない大きさになります。複利運用することを考えれば、その差はさらに大きくなります。

SBI FXトレードは業界最高水準のスワップポイントを顧客に提供します。

 

理由2: 業界最小水準のスプレッド

スプレッドを大雑把に簡単に書いてしまえば、売買手数料です。例えば・・・

買うときのレート: 120.01
売るときのレート: 119.99

この例では買いと売りの差を2銭として表現しましたが、買うときは高い値段で買い、売るときは安い値段で売るということです。顧客にとっては損ですが、この差でFX業者は利益を出しています。このスプレッドは少しでも小さいほうが望ましいです。

SBI FXトレードは、業界最小水準のスプレッドを提示します。

例えば、米ドル円のスプレッドは0.27銭です。銭の単位でも小数点表示になってしまいます。その下の単位である「厘」表示でも可能だという狭さです。

 

理由3: 1通貨から取引可能

最小取引数量が10,000通貨であるというFX口座が少なくありません。すなわち、1万米ドル、1万ユーロです。この取引のために必要な最小額は、取引額の4%です。

10,000米ドル×4%=400米ドル

1万米ドルの取引をするために必要な証拠金は、400米ドルです。1米ドル=120円ならば、必要な額は48,000円だということです。

一方、SBI FXトレードの場合はどうでしょうか。1通貨から取引可能です。すなわち、1米ドル、1ユーロです。1米ドル取引するのに最低限必要な証拠金は・・・

1×4%=0.04米ドル

1米ドル=120円ならば、およそ5円です。この差たるや、歴然としています。

実際に1通貨で取引するかどうかは別として、「自分が取引したい額を1米ドル単位でしっかり買える」ということです。SBI FXトレードのこのシステムは極めて有用です。

 

理由4: 小数点第4位までスワップポイントが入金される

例えば、1万通貨当たりのスワップポイントが50円だったとしましょう。1万通貨を持っていれば、毎日50円もらえます。1千通貨だったら、5円もらえます。100通貨だったら?あるいは、1通貨を持っていたら、スワップポイントはどうなるのでしょうか。

心配いりません。SBI FXトレードの口座では、「小数点第4位」までしっかり管理できます。スワップポイントが0.0001円だったとしても、しっかり口座に入金されます。1通貨の取引をする場合でも安心です。

実際に引き出し可能なのは1円からになりますが、小さな額でも決して顧客に損させないという姿勢が素晴らしいです。

 

理由5: ポジションを決済するまで、スワップポイントに税金がかからない

スワップ派の取引は、ひとたび買ったらずっと持ち続ける取引です。取引を終了することを決済と言いますが、決済するまで永遠にスワップポイントを獲得しようというわけです。

ここで問題があります。

(1)ポジションを決済しなくても、スワップポイントに税金がかかるFX口座
(2)ポジションを決済してから、スワップポイントに税金がかかるFX口座

どちらがいいですか?もちろん(2)です。

スワップ派のトレード方法は、可能ならば永遠に決済しないという取引方法です。すなわち、(2)のFX口座ならば、スワップポイントの税金支払いを永遠に先延ばしできる、ということです。

SBI FXトレードは、ポジションを決済しない間はスワップポイントに税金がかかりません!これは強力です。

 

理由6: 未決済ポジションのスワップポイントで、新規ポジションを建てられる

これは何を意味しているのでしょうか・・・。そうです!複利運用が可能になるということです。しかも、ポジションを決済するまで税金がかかりません!

複利運用とは、獲得した資金で再び投資することです。「利益が利益を生む」ということです。しかも、複利運用の途中で税金として持っていかれることがありません。

 

理由7: 未決済ポジションのスワップポイントを引き出し可能

スワップ派は基本的には複利運用しますので、獲得した資金を途中でFX口座から出すことを想定しない取引です。

しかし、急用でお金が必要になるということもあるでしょう。引き出すために決済しなければならないとしたら、面白くありません。今まで紹介してきた様々なメリットが失われてしまうからです。

その点、SBI FXトレードなら問題なしです。決済しないでスワップポイントのみ引き出すことが可能です。

 

理由8: 大企業グループの一員である

FX業者が顧客から預かったお金は、FX業者が倒産しても消えてしまうことはありません。何億円でも保護されます(トレードで損したお金は、もちろん帰ってきませんが)。

そうはいっても、自分が取引しているFX業者が倒産してしまうのは面白くありません。

・自分が持っているポジションはどうなるんだろう?
・お金はいつ帰ってくるんだろう?
・次はどのFX口座にしようかな?

こんなことで余計な心配をしたくありません。SBI FXトレードはSBIのグループ会社です。大きい会社なら倒産しないということはありませんが、大きい会社のほうが経済のショックでも耐える力が大きいだろうと期待できます。

 

理由9: 海外送金ならSBIで決まり!

海外送金手数料。海外送金をする人にとって頭の痛い問題です。送金手数料が高いのです。ところが、です。SBI FXトレードだと安いんです。

正しくは、SBIグループのSBIレミットが送金しますが、その手数料が格安です。何と、480円から!これは激安です。しかも・・・最短10分程度で海外送金が可能です!

海外送金でお困りの皆様にとって、大きな助けになるかもしれません。

SBI FXトレードの口座開設はこちらから

 

「積立FX」でスワップ派
SBIFXトレードの特徴