スワップポイント狙いのトレード手法、すなわちスワップ派では、獲得したスワップポイントで新たに通貨ペアを買うと、1日あたりのスワップポイントを多くできます。

いわゆる、複利運用です。

例えば、豪ドル/円を10万通貨買って、毎日500円もらっているとします。その後、スワップポイントが貯まったので、スワップポイントを使って、追加で1万通貨買うとします。

今まで:ポジション数量10万通貨、スワップポイント500円/日
追加後:ポジション数量11万通貨、スワップポイント550円/日

ポジションを持っているだけですが、スワップポイントが貯まることによって、日々のスワップポイントを大きくできます。

ただし、FX業者によっては、現在保有しているポジションから得たスワップポイントを使って、新規にポジションを持つことはできないようです。これでは不便です。

そこで、当サイトで紹介しているFX口座について、どんな条件になっているのか確認しましょう。

未決済ポジションのスワップポイントで、新規にポジションを建てられるか

下の表のFX口座は、最小取引数量が1,000通貨以下で、かつ、高スワップポイントを売りにしているFX口座です。

未決済ポジションのスワップポイントを使って、新規に売買できるでしょうか。

口座名等未決済ポジションのスワップで新規トレード
SBI FXトレード
アイネット証券
ヒロセ通商
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
FXプライムbyGMO
トライオートFX

ここで紹介しているFX口座ではすべて、ポジションを決済しなくても新規にポジションを作れます。これはとても良いことです。

これができれば、スワップポイントの複利運用が実行可能になります。複利運用について別途特集記事を組んでいますので、ぜひご覧ください。

スワップポイントの複利運用の注意点

スワップポイントの複利運用とはすなわち、「獲得した資金を使ってさらに稼ぐ」ということです。メリットが大きいですが、一つ注意点がありますので確認しましょう。

・獲得したスワップポイントを、相場にさらすことになる

獲得したスワップポイントで複利運用せず、銀行口座に移動するとしましょう。すると、その後相場がどんなに荒れようとも、獲得した資金は傷つきません。

一方、複利運用でポジションを持つと、為替レート変動によっては、含み益とスワップポイント益の両方を獲得できます。逆に、含み損になってしまう場合もあります。どちらになるか、事前に読むことは難しいです。

そこで、複利運用でポジションを持つ場合は、レバレッジを小さくすることが大切です。レバレッジが小さければ、含み損になっても強制ロスカットを回避しやすくなります。そして、スワップポイントを毎日もらいます。最終的に、再び円安になったところで利食いすればOKです。

せっかく獲得したスワップポイントをリスクにさらしたくないな、という場合もあるでしょう。そこで、未決済ポジションのスワップポイントを出金できるかどうか、確認しましょう。

未決済ポジションのスワップポイントを出金できるか

未決済ポジションのスワップポイントで新規に売買できるならば、そのスワップポイントを出金できるかもしれません。出金できるならば、定期的に出金して為替相場のリスクを回避したり、お小遣いにしたりできます。

実際には、出金することは多くないと思います。しかし、出金できれば、イザというときに助かるかもしれません。

下の表で確認しましょう。

口座名等未決済ポジションのスワップを出金
SBI FXトレード
アイネット証券
ヒロセ通商不可
マネパFXnano
セントラル短資FX
FXプライムbyGMO不可
トライオートFX

多くの口座で、未決済ポジションのスワップポイントが出金可能です。あまり重要なポイントではないかもしれませんが、必要な方はチェックしておきましょう。

 

スワップ派に向いたFX口座の比較
FX口座間でスワップポイントを比較!