当サイトで紹介しています口座の一つに、セントラル短資FXがあります。では、セントラル短資FXでトレードをするメリットは、どこにあるでしょうか。

スワップポイント、スプレッドといった面のほかにも、いくつもメリットがあります。

スワップポイントが業界最高水準に高い

セントラル短資FXのスワップポイントは、業界最高水準に高いです。これを受けて、セントラル短資FXの顧客の傾向にも、特徴があります。

すなわち、レバレッジの低い長期運用が多いということです。

スワップ派の顧客の支持を得ているFX業者ですから、スワップポイント狙いの口座としてピッタリです。

収益を外貨で保有すれば、ダブルチャンス?

セントラル短資FXは、獲得した外貨を外貨のまま証拠金にできる数少ないFX口座です。例えば、ユーロ/米ドルでスワップポイントを得るとき、円でもらうか米ドルでもらうかを選択できます。米ドルでスワップポイントを得たら、米ドルのまま証拠金として保有できます。

他の多くのFX口座では、外貨で利益を得ても、強制的に円に交換されてしまいます。

外貨で証拠金を保有できる・・・これが、どのようにメリットとなるでしょうか。具体的にチャートで確認しましょう。

下のチャートをご覧ください。米ドル/円(USD/JPY)の月足チャートです。セントラル短資FX「クイック・チャート・トレード・プラス」から引用しました。

月足チャート

例えば、何かの通貨ペアを取引して、収益を米ドルで獲得したとしましょう。

獲得した外貨を強制的に円に交換してしまう口座の場合、米ドル/円(USD/JPY)=80円のような超円高でも、円に交換されてしまいます。

しかし、米ドルを得る場合は違います。円に交換する時期を自分で選択できます。このメリットが素晴らしいです。米ドル/円(USD/JPY)が円安になってからゆっくり円に交換していれば、とてもいい感じです。

1 スワップポイントで、外貨(米ドルなど)を毎日獲得
2 トレードでも、外貨を獲得
3 円に交換する時期を自分で選んで、為替差益までゲット!

この「一度で二度おいしい」を狙える口座は、とても少数派です。

今が円安水準の場合は、外貨で収益を保有することに魅力を感じないかもしれません。しかし、円安水準だといっても、さらに円安になる可能性もあるでしょう。円安になる可能性がないならば、全力で円買いをすれば良いはずです。しかし、それができる人は多くありません。

すなわち、さらに円安になるリスクがあるということです。

また、日本の財政危機が表面化したらどうしましょうか。とても大きな円安になる可能性があります。外貨で証拠金を蓄積することはすなわち、将来のリスクに対する防衛策としても有効でしょう。

外貨を入金し、証拠金にできる

セントラル短資FXは、トレードで獲得した外貨を、外貨のまま保有できます。また、外貨を入金して、外貨のまま保有することもできます。円に両替もできます。

外貨での入金に対応している通貨は、以下の通りです。

us 米ドル(USD)
EU ユーロ(EUR)
australia 豪ドル(AUD)
uk ポンド(GBP)
nz ニュージーランドドル(NZD)
 カナダドル(CAD)
swiss スイスフラン(CHF)

海外に転勤したり留学したりしても、口座を維持できる

あまり知られていない事実かもしれませんが、他のほとんどのFX口座の場合、海外に引っ越すと口座を解約しなければなりません。

1年の留学や転勤でも、FX口座を解約しなければなりません。スワップポイント目的のトレードは、長期間ポジションを持ち続けることが基本です。短期トレードではスワップ派になりません。

将来、絶対に海外に行くことはない・・・と断言できるならばよいですが、わずかでも海外に行く可能性がある場合は、セントラル短資FXで口座を持つことがとても重要になるでしょう。というのは、セントラル短資FXは海外に行っても口座を維持できるからです。

→【公式サイト】セントラル短資FX

会社の信頼度が高い

スワップ派でトレードするFX業者は、信頼性が高くなければなりません。というのは、ポジションをずっと持ち続けるのですから、途中で倒産してもらっては困ります。

セントラル短資FXの親会社は、セントラル短資です。セントラル短資は銀行と銀行の間の取引を仲介する短資会社です。その歴史は100年以上に及び、社長を日銀から迎えるほどです。定期的に格付も取得しており、信頼度の高さを確認できます。

スワップポイント目的のトレードに十分な通貨ペアの種類

スワップ派のトレードをするには、取引可能な通貨ペアの多さが必要です。例えば、円を売る場合。米ドル/円や豪ドル/円というメジャー系に加えて、南アフリカランド/円やトルコリラ/円などがあればとても良いです。

円を含まない通貨ペアでも、スイスフランを売るスワップ派や、米ドルを売るスワップ派もあります。セントラル短資FXは、いずれの場合も対応可能です。しかも、業界最高水準のスワップポイントを提供します。

セントラル短資FXでは、スイスフランを含む通貨ペアが5つあります。お好みの通貨ペアで取引可能です。

usdchf-flag 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
eurchf-flag ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
gbpchf-flag ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
 豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
nzdchf-flag ニュージーランドドル/スイスフラン(NZD/CHF)

スイスフランを含む通貨ペアのうち、スワップポイント狙いのトレード対象となるのは、豪ドル/スイス(AUD/CHF)またはNZドル/スイス(NZD/CHF)あたりになるでしょうか。

セントラル短資FXのその他のスペック

スプレッドにつきましては、状況により変更される場合があります。

スプレッド

usjp 米ドル/円 0.3銭
 豪ドル/円 0.8銭
eurjpy-flag ユーロ/円 0.5銭
gbpjpy-flag ポンド/円 1.2銭
 NZドル/円 2銭

口座管理手数料、取引手数料

無料

最低取引数量

1,000通貨

取引ツール

PC、スマホ、携帯電話

未決済ポジションのスワップ

課税: あり
再投資: 可
出金: 可

スワップポイント受け渡し時刻

標準時間(11月上旬~翌年3月上旬):午前7時
夏時間(3月上旬~11月上旬):午前6時

以上の通り概観しますと、業界最狭水準のスプレッド、業界最高水準のスワップポイントを同時に得られます。セントラル短資FXは、有力なFX業者の一つだといえるでしょう。

【公式サイトはこちら】セントラル短資FX