FXの買い時はいつでしょうか。これは、とても難しい問題です。

感覚的には、円高の時に買うと良いと感じます。将来円安になれば、含み益が見込めるためです。そこで、ポジションを長期保有してスワップポイントを狙う方法(スワップ派)に絞って、買い時を考察しましょう。

スワップポイントのグラフ

まず最初に、下のグラフをご覧ください。豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイントについてのグラフです(データ引用元:くりっく365)。これは、ある月に豪ドル/円を買い、2015年4月末日までずっと持ち続けた場合のスワップポイントの大きさを示したものです。

audjpy-cumulative-swap-2006-2015

例えば、2006年1月(グラフの一番左)に1万通貨を買って、2015年4月末日まで持ち続けたとき、スワップポイント獲得額の合計は34万円弱です。一方、2015年1月に豪ドル/円を1万通貨買った場合のスワップポイント累積額はわずかです。

グラフを見ると、右肩下がりになっています。これは当然で、毎日のスワップポイントの大きさはプラスなのですから、1日でも早くスワップ派の取引を始めたほうが利益が大きくなるためです。

スワップ派の開始時期【FXの買い時】は、1日でも早いほうが良い。

評価損益を考察

次に、下のグラフをご覧ください。豪ドル/円(AUD/JPY)を毎月買ったとして、そのポジションを2015年4月末日終値で評価損益を出したものです。

audjpy-swap-profit-loss-2006-2015

先ほどとは違って、変な形のグラフになりました。これを理解するには、この期間の為替レートのチャートも一緒にみると分かりやすいです。よって、為替レートを下に掲載します。

audjpy-monthly-chart-200601-201504

2009年前後に超円高になっています。この時に豪ドル/円を買っていれば、2015年4月末のレートで評価損益を出すと、大きなプラスになります。逆に、2007年~2008年の高値で豪ドル/円を買った場合は、評価損を計上しています。

この評価損益の状況を示したのが、2つ上のグラフです。円高の時にスワップ派を始めた場合、大きな含み益を得られました。しかし、円安の時に始めると、含み損を計上してしまいます。

スワップ派の開始時期【FXの買い時】は、円高のときのほうが良い。

スワップ益と評価損益の合計

さて、スワップポイントと含み損益について確認しました。この二つを合計した数字が、正確な損益ということになります。下のグラフで確認しましょう。

audjpy-sum-swap-profit-loss-2006-2015

2007年~2008年の円安の時にスワップ派を始めた場合、評価損益が大幅マイナスでした。しかし、それを上回るスワップポイントを獲得しているため、合計でプラスの成績を収めています。

一方、2013年や2014年の一部で、合計でマイナスになっていることが分かります。これは、スワップポイントの蓄積が不十分なため、評価損益が損益合計に大きな影響を与えているからだと考えられます。

以上のことから、下のことが言えるでしょう。

1.スワップ派の開始時期【FXの買い時】は、1日でも早いほうが良い。
2.スワップ派の開始時期【FXの買い時】は、円高のときのほうが良い。
3.上の二つに優先順位をつけるなら、1.の方が重要である。

期間を変えて、FXの買い時を考察

もう一つ確認しましょう。2006年1月~2009年1月まで上と同じように取引して、2009年1月末のレートで損益を評価します。スワップポイント累積額は以下の通りです。

audjpy-cumulative-swap-2006-2009

2009年1月末日のレートで計算した評価損益は以下の通りです。

audjpy-swap-profit-loss-2006-2009

スワップポイント累積額と評価損益の合計は以下の通りです。

audjpy-sum-swap-profit-loss-2006-2009

どの月にスワップ派を始めたとしても、ひどい損失を計上していることが分かります。

すなわち、評価損があまりに大きいと、スワップポイントの利益は簡単に吹き飛んでしまうことが良く分かります。しかし同時に、十分に長い期間スワップ派を継続してスワップポイント益を積み上げれば、評価損が大きくても十分にカバーすることが可能です。

買い時のまとめ

スワップ派としての運用期間が短い場合、損益は為替レートの動きに大きく左右されます。よって、スワップポイントの額が十分になるまでは、一時的な含み損を覚悟する必要があります。

その時期を超えてスワップポイントをどんどん蓄積すれば、評価損になっても、合計でプラスになると期待できます。

スワップ派を始めてから十分な期間を経ていないと、評価損のほうが大きくなることがある。しかし、毎日のスワップポイントがプラスならば、そのまま維持する。

ただし、損切りする為替レートをあらかじめ決めている場合は、そこで損切りするのも選択肢になります。

 

スワップ派を始める前
スワップ派開始後
スワップ派の知識