スワップポイントと言えばFXの金利ですが、仮想通貨の世界にもスワップポイントがあります。しかし、両者の間で性質はかなり違います。

そこで、FXと比較しながら、仮想通貨のスワップポイントの特徴を確認しましょう。

レバレッジ取引でスワップポイントが発生

FXの場合、証拠金をFX業者に預けて、その資金の最大25倍まで取引できます。そして、以下の情報を元にして、毎日のスワップポイントの受渡し額が決まります。

  • 取引数量
  • 買いか売りか
  • 通貨ペアごとのスワップポイント

例えば、米ドル/円(USD/JPY)を買うときのスワップポイントが、1万通貨あたり50円としましょう。この時、10万通貨買えば、毎日500円をもらえます。

牛丼を毎日食べてもおつりが出ると考えると、なかなかの金額です。

仮想通貨の世界でも、レバレッジを利かせた取引をする場合に、スワップポイントが発生します。しかし、このスワップポイントですが、金利というよりは「取扱手数料」という表現の方がピッタリのように思います。

FXでスワップポイントが発生する仕組み

まず、FXでスワップポイントが発生する仕組みを確認しましょう。

例えば、豪ドル/円(AUD/JPY)を買うとします。そのまま持ち続けると、スワップポイントはプラスの数字です。これは、豪州の短期金利が、日本の短期金利よりも大きいためです。

豪ドル/円(AUD/JPY)を買うとはすなわち、日本円を誰かに渡して、豪ドルをもらうということです。金利が小さい日本円を渡し、金利が高い豪ドルをもらえば、差し引きで金利はプラスになります。

仮想通貨でスワップポイントが発生する仕組み

しかし、仮想通貨でスワップポイントが発生する仕組みは、どうなっているでしょうか。仮想通貨、例えばビットコインですが、日々の金利はどうやって決まっているでしょうか。そもそも、ビットコインに短期金利はあるでしょうか。

仮想通貨には銀行のような仕組みが(おそらく)ないので、仮想通貨のスワップポイントは、金利というよりも「取引手数料」の方が適切です。

実際、GMOコインでは以下の通り説明しています。

当社の仮想通貨FXにおきましては、ビットコインと日本円の間に金利差が存在しないため、スワップポイントはございません。

GMOコインでは、スワップポイントでなく「レバレッジ手数料」という名前を使っています。

各取引所のスワップポイントの大きさ

ここで、各取引所のスワップポイント(レバレッジ手数料)の大きさを確認しましょう。

  • ビットフライヤー(bitFlyer):0.04%
  • ビットポイント(BITPoint):0.035%
  • GMOコイン:0.05%
  • ザイフ(Zaif):0.039%

これは、1日当たりの大きさです。1日あたり0.04%の場合、1年間365日で14.6%にもなります。とても高い数字です。この大きさのスワップポイントを支払います。買う場合も売る場合も、支払います。

なお、上の数字はレバレッジ1倍の話です。レバレッジが高くなると、スワップポイントの支払いも大きくなります。

1日当たり0.04%の支払いの場合:
レバレッジ1倍: 年率14.6%
レバレッジ3倍: 年率43.8%
レバレッジ5倍: 年率73.0%
レバレッジ10倍: 年率146.0%

高レバレッジでボーっとポジションを持っていると、自己資金を全部持っていかれる計算になります。

いずれにしましても、FXのように、「買って持ち続けてスワップポイントを得る」というトレード手法が使えません。よって、仮想通貨のレバレッジ取引は、短期で一気の利食いを狙う勝負になります。

FXの場合、為替レートが1日で数%動いたら「今日は値動きが大きかったなあ」と感じます。しかし、仮想通貨の値動きは、FXとは比較にならないくらい大きいです。1日で何十%も上下することがあります。

よって、仮想通貨の短期勝負ならば、この高いスワップポイントでも勝負できるといえそうです。