FXを始めるためにいろいろなサイトを読むと、レバレッジを高くしないよう気を付けましょうと書いてあります。また、当サイトでは、スワップ派をする場合のレバレッジは最大でも2倍までと考えています。

というのは、2倍を超えると強制ロスカットのリスクが無視できなくなるためです。

では、レバレッジの計算方法はどうなっているでしょうか。確認しましょう。

レバレッジの計算方法

レバレッジの計算方法は以下の通りです。とても簡単です。

計算方法: 投資額を証拠金額で割ります。

例えば、米ドル/円(USD/JPY)=100円で1万通貨買うとします。このときの投資額は100万円です。計算式は、100円×1万通貨=100万円です。

そして、FX口座に入金した額が10万円だったとしましょう。この時のレバレッジは10倍ということになります。計算式は、100万円(投資額)/ 10万円(証拠金)=10です。

ということは、証拠金の額を大きくすると、レバレッジは次第に小さくなることが分かります。

証拠金が10万円のとき、レバレッジは10倍
証拠金が20万円のとき、レバレッジは5倍
証拠金が50万円のとき、レバレッジは2倍

では、なぜレバレッジが低いほうが安全度が高いのでしょうか。

レバレッジが低いほうが安全な理由

上の例で、米ドル/円(USD/JPY)を100円で1万通貨(1万米ドル)買いました。その後、残念ながら米ドル/円=90円になったと仮定しましょう。すなわち、10万円の損です。

(90円ー100円)×1万通貨=10万円の損

このとき、証拠金の額が少ないと、どうなるでしょうか。

証拠金が50万円のとき、残額は40万円
証拠金が20万円のとき、残額は10万円
証拠金が10万円のとき、残額は0円

証拠金が10万円の場合、残額がゼロ円になってしまいました。実際には、残額がマイナスになって借金にならないように、ゼロになる前に強制的に取引が終了となります。これを強制ロスカットといいます。

一方、証拠金が50万円の場合、10万円が減っても残りは40万円です。10万円の損失は痛いでしょうが、まだ余裕があります。長期的に保有してスワップポイントを得ようとするならば、これくらいの評価損は想定内かもしれません。

そして、再び円安になるのをジッと待ちます。ただ待つだけでなく、スワップポイントを毎日もらうことができます。こうして、円安が実現すると、含み益とスワップポイントの両方でプラスになります。

では、証拠金を100万円にしたらどうでしょうか。レバレッジ1倍です。

このとき、10万円損しても残額は90万円ありますので余裕です。痛くもかゆくもないと書くのは書きすぎでしょうが、破産からはほど遠い安全な位置にいます。

こうしてみると、証拠金は多ければ多いほど安全度が高いということになります。多額の証拠金を事前に準備できない場合は、投資額を小さくすることによってレバレッジを低くしましょう。

資金効率とレバレッジ計算

しかし、安全重視でレバレッジを低くすると、今度は資金効率が悪くなります。

例:米ドル/円(USD/JPY)=100円で1万ドル買う場合
証拠金が10万円ならば、レバレッジ10倍。
証拠金が100万円ならば、レバレッジ1倍。
しかし、もらえるスワップポイントの大きさは、両方とも同じ。

この場合、証拠金は10万円の方が資金効率が良いです。しかし、資金効率を追求しすぎると、円高になったときに強制ロスカットの危機がやってきます。

このバランスを上手にとれるように、レバレッジ計算をしっかりやりましょう。先進国通貨ペアで取引する場合は、最大でも2倍くらいが良いのでは?と、当サイトでは考えています。

レバレッジが高くても良い場合

当サイトでは、レバレッジは2倍未満が良いだろうと考えています。しかし、レバレッジ10倍以上でも構わない場合もあると言えます。この差は何でしょうか。

当サイトがレバレッジ2倍未満を推奨する理由:
長期的にポジションを保有するから

スワップポイント狙いでポジションを持つ場合、保有期間は長期になります。1年、5年、あるいは10年以上の場合もあるでしょう。すると、その間に数多くの試練がやってくる可能性があります。

具体的には、大幅な円高です。

その状況でも、強制ロスカットにならずに堪える必要があります。よって、レバレッジは低くする必要があります。

一方、デイトレードなどの場合、レバレッジは10倍でも構わないでしょう。と言いますのは、短期トレードの場合、利食い幅も損切り幅も比較的小さくなります。よって、レバレッジ2倍では投資妙味が小さくなってしまうためです。

金融危機等で大幅円高になると思えば、円を買って勝負できますし、そもそも取引しないという選択もできます。これが、短期トレードのメリットです。

勝算が高いと思う場合だけ、取引可能です。よって、レバレッジを高くしても許容できます。ただし、損切り注文は確実に出しましょう。

レバレッジ10倍ということは、以下の計算になります。

証拠金が10万円のとき:投資額は100万円
証拠金が50万円のとき:投資額は500万円
証拠金が100万円のとき:投資額は1,000万円

証拠金に比べて、投資額が大きいです。すなわち、損になる場合、一気に損失が膨らみます。よって、確実な損切注文が必要です。

 

スワップ派を始める前に