FXの最大の武器はレバレッジです。レバレッジとは、FX口座に入金した額よりも大きな金額で取引できることを言います。小さなお金で大きな売買ができるので、メリットが大きいです。

しかし、このレバレッジですが、上手に扱えないと私達を傷つけてしまうかもしれません。文字通り「取扱注意」「諸刃の剣」です。

レバレッジの利便性

レバレッジは、あたかも自動車のようです。

自動車は、安全運転で使う限り極めて便利な道具です。しかし、交通ルール無視で運転すれば、事故に遭う確率が高くなるでしょう。安全運転でも事故発生確率はゼロではないのですから、慎重な運転が求められます。

事故発生確率がゼロでないのに、なぜ自動車を使うの?に対する回答は、「そのリスクを大幅に上回る利便性があるから」でしょう。

事故発生に対する備えとしては、自動車保険があります。

レバレッジもそれと同じです。レバレッジも適切に使えば、とても効果的なツールになります。また、自動車よりもレバレッジのほうがリスクを管理しやすいので、気を付ければ自動車よりも安全だと言えるでしょう。

自己資金よりも大きな取引ができるということ

レバレッジを改めて確認しましょう。「FX口座に入金した金額よりも、取引額の方を大きくできる」ということです。

これを理解するのは大変なことかもしれません。今持っているお金よりも高い価格の物を買おうと思えば、借金するしかありません。レバレッジとは借金なのでしょうか?借金ならば、その金利を支払う必要があるのでしょうか?

しかし、レバレッジは借金ではありません。

借金して取引する場合の代表例は、株式の信用買いでしょう。信用買いは、証券金融会社などから資金を借りて、株式を買います。よって、借り賃である金利を支払います。また、借りているので、返済期限があります。

一方、FXのレバレッジは借金ではありません。

FX業者からお金を借りることなく取引できます。そして、返済期限もありません。取引を開始して決済すると、いくらかの損益が出ます。その損益だけをやり取りするのがFXです。その途中でお金のやり取りはありません。

レバレッジ取引の具体例

具体的に考えましょう。FX口座に10万円入金しました。そして、1米ドル100円で2,000ドル(20万円分)買ったとします。このときのレバレッジは2倍です(20万円 / 10万円 = 2)。

ここで、米ドルを買ったのですが、実際に現金のやり取りはしません。よって、口座の円が米ドルに変わってしまうことはなく、依然として円のままです。円を売って米ドルを買うのですが、顧客にとって、それは計算上の話にすぎません。

1.勝つとき
1ドル100円から110円に値上がりしたとしましょう。2,000ドルを円に戻します。
110円×2,000ドル=22万円です。

もともと20万円分の米ドルを買いました。そして、それを売って22万円を得ました。差引2万円の利益です。2万円をFX業者からもらいます。

2.負けるとき
1ドル100円から90円に値下がりしたとしましょう。2,000ドルを円に戻します。
90円×2,000ドル=18万円です。

もともと20万円分の米ドルを買いました。そして、それを売って18万円を得ました。差引2万円の損失です。私たちの口座から、2万円が減ります。

レバレッジはできる限り低くしたい

FXでは、自己資金よりも大きな取引をしても構いません。損してしまうときに、その損失額を自己資金から支払えればOKですよという取引です。

ということは、FX口座に小さな額を入金して、実際は大きな額を取引可能ということです。この方法で大きく稼ぐことができれば、とてもハッピーです。

しかし、一攫千金でレバレッジを100倍にしてみよう!というのは、できません。上限があります。日本の場合は25倍までとなっています。また、大きく負けてしまうときには残念な結果が待っています。そこで、レバレッジは適切に管理しましょう。

自動車運転の場合は、どんなに注意しても大事故に遭ってしまう可能性があります。しかし、FXのレバレッジは、安全運転を心がければ破産を回避することが可能です。

この点で、利益とリスクのバランスを取りやすい商品だと言えるでしょう。

当サイトでは、スワップポイント獲得を狙う取引の場合、レバレッジは2倍程度未満にすべきだと考えています。

 

スワップ派を始める前に