2015年1月15日、スイス国立銀行は、突如としてユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)の価格制限を撤廃しました。

このあおりを受けて、海外では複数のFX業者が経営破綻に追い込まれました。日本でも、FXCMジャパンが楽天証券に吸収されるという結果になりました。

このスイスショックでのFX各社の行動が興味深いです。確認しましょう。

スイスショックの概要

2010年代前半、ユーロは崩壊するのでは?とささやかれていました。このため、世界のお金は安全を求めてスイスフランに集まっていました。この影響を受けて、スイスフランが際限なく強くなるように見えました。

スイス国立銀行はこれを阻止するため、EUR/CHF=1.20よりも小さな値は容認しない!と強い態度を示し、EUR/CHF=1.20あたりで膨大な市場介入を繰り返していました。

しかし、2015年1月15日、市場に負けてしまったのです。

この時のユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)のチャートを確認しましょう。日足です。とんでもないことになっています。チャートの右側に2,000pipsくらいの陰線があります。これが2015年1月15日です。

20150115eurchf

巨大な陰線ができる前は、ほとんど値動きがない状況が続いています。市場参加者は、スイスフランを買い集めていました。それに対して、スイス国立銀行は、ユーロ/スイスフラン=1.20付近で、際限なく応じていました。その結果です。

さて、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)で巨大な陰線ができたので、スイスフラン/円(CHF/JPY)では巨大な陽線が出現しました。

その時、SBI FXトレードはどう対応した?

あるFX業者が本当に信頼できるか?・・・これを確認したければ、危機の時の対応を確認するのが一番でしょう。「FX業者の経営が傾きかねない大混乱のときでも、顧客の利益のために頑張る会社なのか、それとも経営維持が第一で顧客はその次なのか」これが分かります。

下のチャートをご覧ください。SBI FXトレードのホームページからの引用です。

チャートの一番左は18時32分、一番右は18時59分です。わずか27分間ですが、この間にスイスフラン/円は115円だったのが155円になりました。40円(4,000銭)ものジャンプです。

sbifx-swiss-shock1

このような状況ですから、青い部分で示されている約定率は、100%でないこともあります。これはやむを得ません。しかし、常に為替レートが配信されていますから、約定そのものは可能でした。

FX各社はどのように対応した?

次に、下のグラフをご覧ください。他のFX各社がどのように為替レートを配信したか、という表です。紫で細かい上下動があるのがSBI FXトレードです。要するに、市場のレートで取引可能でした。

sbifx-swiss-shock3

それ以外の4社、A社からD社まで引用していますが、どうでしょうか。SBI FXトレードのようにギザギザしていません。大雑把な動きです。すなわち、為替レートの値動きが極端すぎるのです。また、灰色の部分があります。この部分はレート配信が停止されていました。すなわち、取引不可能でした。

取引不可能ということは、こういうことです。

・ロスカットしたくてもできない

そして、為替レート配信が始まると、停止前のレートよりも10円(1,000銭)も高いレートになっている・・・すなわち、ロスカット注文を出していても、1,000銭もの巨大なスリッページが出てしまうということです。

これはすなわち、こういうことです。

本来はFX業者も負うべき市場変動リスクをすべて顧客に転嫁し、FX業者は生き延びる。・・・FX業者は生き延び、そして、顧客は大損する。

この記事の上部で書いた内容の繰り返しになりますが、

「FX業者の経営が傾きかねない大混乱のときでも、顧客の利益のために頑張る会社なのか、それとも経営維持が第一で顧客はその次なのか」

SBI FXトレードは、未曽有の大混乱でも為替レートを提示し続け、そして、トレード可能でした。このとき、インターバンク市場でも為替レート配信が断続的に止まったと予想できます。

そんな中、どうやって適切な為替レートを算出したのか不明ですが、SBIFXトレードを使っていれば、市場の実勢レート近くの為替レートで売買可能でした。

SBI FXトレードは、私たち顧客にとって信頼できるパートナーになりうるでしょう。

【公式サイトはこちら】SBI FXトレード

 

「積立FX」でスワップ派
SBIFXトレードの特徴