FXスワップ派に特化したウェブサイト
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 長期の推移

タグ : 長期の推移

分散投資でスワップポイント狙い

投資をする際、分散投資が良いと言われることがあります。 一つの投資対象に全額を投入し、その投資対象が悪いことになると、資産が大幅に減ってしまうかもしれません。そこで、いくつかに分散して投資し、一つがダメになっても他の投資 …

政策金利の長期推移(円を含む通貨ペア)

スワップポイントの大きさは、短期金利に大きく左右されます。 スワップ派で活躍しようとする場合、円を売って外貨を買うというパターンが多くなると思います。このとき、どれくらいのスワップポイントを得られるかを近似的に調べる方法 …

政策金利の推移(国別、7か国)

スワップ派で投資する際に最も重要な情報と言えば、スワップポイントの値でしょう。これがマイナスだと、その通貨ペアを買うことができません(継続的にマイナスならば、売りでポジションを持つことができます)。 プラスでも、ゼロに近 …

長期のスワップポイントと長期チャート(5通貨ペアの比較)

5つの通貨ペアについて、2005年7月~2017年12月のスワップポイント推移を概観しました。  米ドル/円(USD/JPY)  ユーロ/円(EUR/JPY)  ポンド/円(GBP/JPY)  豪ドル/円(AUD/JPY …

豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイントと為替レート(過去10年以上の分析)

豪ドル/円(AUD/JPY)のスワップポイントは、2008年のリーマンショック後に大きく低下しました。しかし、他の通貨ペアに比べれば大きな値を維持しています。 リーマンショック前もその後も、豪ドル/円(AUD/JPY)は …

ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)のスワップポイントと為替レート(過去10年以上の分析)

NZドル/円(NZD/JPY)は、豪ドル/円(AUD/JPY)と並んで高金利通貨ペアの地位を確保しているでしょう。しかし、経済規模の違いのためか、FXでの取引高の視点から考えると、NZD/JPYはAUD/JPYに大きく引 …

ポンド/円(GBP/JPY)のスワップポイントと為替レート(過去10年以上の分析)

リーマンショック前(2008年以前)のポンド/円(GBP/JPY)と言えば、以下のようなイメージを持っていた人も大勢いることでしょう。 ・ 為替の水準がとても高い(GBP/JPY=200円~250円など) ・ スワップポ …

ユーロ/円(EUR/JPY)のスワップポイントと為替レート(過去10年以上の分析)

ユーロが導入されてから長い年月が経過しました。熱狂的に迎えられたユーロは順調に取引されているかのように見えましたが、サブプライムローン問題やリーマンショックを経て、激動の時代を迎えました。 すなわち、ユーロ/円(EUR/ …

米ドル/円(USD/JPY)のスワップポイントと為替レート(過去10年以上の分析)

スワップ派にとって、毎日のスワップポイントの大きさも重要ですが、過去10年程度以上の推移も重要です。というのは、スワップ派は期限を切ることなくずっとポジションを持ち続けることがあるからです。 そして、スワップポイントを毎 …

自由の女神

米ドル/スイスフラン(USD/CHF)のスワップポイントと為替レート

スワップ派と言えば、円を売って外貨を買うことが一般的でしょう。ここでは、円でなくスイスフランを売って米ドルを買ったときのスワップポイントの状況を確認しましょう。 米ドル/スイスフランのスワップポイント 下のグラフは、米ド …

Copyright © FX究極のスワップ派 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.