スワップポイントとは何でしょう?当サイトで最も重視する収益源の一つですので、その概要を確認しましょう。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、2国間の短期金利差の受け渡しのことです。下の画像は、SBI FXトレードからの引用です。

スワップポイント

例えば、南アランド/円(ZAR/JPY)を買って保有します。すると、ニューヨーク時間の午後5時(夏時間のとき日本時間午前6時、標準時間のとき午前7時)に、スワップポイントの受け渡しをします。

  • 南アランドを買う:金利7%分をもらう
  • 日本円を売る:金利0.1%分を支払う
  • 差し引きで6.90%分をもらう

逆に、南アランド/円(ZAR/JPY)を「売っている」場合は、スワップポイントを支払うことになります。

  • 南アランドを買う:金利7%分を支払う
  • 日本円を売る:金利0.1%分をもらう
  • 差し引きで6.90%分を支払う

なお、上の計算では、南アランド/円を買えば6.9%分もらえることになりますが、実際にもらえるのは1日分です。すなわち、365日で割ってあげます。

南アランド/円を100万円分買う場合のスワップポイント:
100万円×6.9%÷365日=189円

毎日189円をもらえるという計算になります。また、短期金利は毎日少しずつ変化しますので、受渡しするスワップポイントも日々変化します。FX業者によっては、固定のスワップポイントを一定期間提示する場合もあります。

1日当たりのスワップポイントは小さいですが、毎日もらえば、無視できない大きさになります。まさに「塵も積もれば山となる」を狙う方法です。

FXは通貨の交換であり、金利の交換でもある

FXとは、通貨と通貨の交換です。例えば、米ドル/円を買うとしましょう。この場合、私たちは米ドルをもらいます。そして、円を渡します。米ドルと円を交換しました。

そして同時に、金利も交換しています。米ドル/円を買う例でいえば、米国の金利をもらって、日本の金利を渡します。この受け渡しは、ニューヨーク時間の午後5時に行うのが通例です。

そもそも、FXという名前が「交換」という意味です。FXは Foreign Exchange の略称です。Foreignは「外国」ここでは外貨を指します。そして、Exchangeは交換です。私たちは、通貨と通貨の交換を通じて収益を狙っています。

ただし、収益を狙っているのは誰もが同じです。そこで、相場で熱い戦いが繰り広げられます。

スワップポイントの受け取り・支払いは毎日

このスワップポイントの受け渡しですが、毎日行われます。ただし、土曜日と日曜日は相場がお休みです。この2日分については、水曜日から木曜日に営業日が変わるときに受渡しをします。具体的には、木曜日の午前7時(米国が夏時間の場合は、午前6時)です。

ということは、営業日が水曜日から木曜日に移るときの通常の1日分と合わせて、3日分のスワップポイントが一気にやり取りされることになります。

日本と外国の金利差が十分に大きければ、スプレッドを考慮しても十分に収益を狙える機会となります。

取引の例:
木曜日午前6時59分59秒に米ドル/円を買う。そして、1秒後に決済する(夏時間の場合は、午前5時59分59秒に米ドル/円を買います)。

こうすれば、わずか1秒で3日分のスワップポイントを受け取れる計算になります。ただし、日本の早朝時間帯は全世界的に取引量が少なく、スプレッドが大きくなる傾向があります。

このトレードを検討する場合は、早朝時間帯でもスプレッドが小さい口座を使います。この手法については、別記事「スワップポイントを一瞬で3日分獲得する方法」で検討しています。

 

スワップ派を始める前に